生まれてくる子供は悪くありません。

親であるあなたの育て方次第で子供は何者にでもなります。

賢い親から育てられれば賢い人間になりますし、バカ親から育てられればバカな人間になるのです。

 

自分の子供をバカにしたいという親なんてこの世には居ません。

でもバカな子供はたくさんいます。

今回はバカな子供に育たないために実際に存在するバカな親の事例を紹介します。

親であるあなたはこれを見て自分の子供が悪く育たないよう、戒めなければなりません。

 

バカ親の特徴、子供をダメにする育て方。

勉強の楽しさを子供に教えてあげる事も出来ない分際で勉強を強要する親

これをしている親の子供は十中八九勉強が嫌いになります。

 

子供に玩具を買う事が将来の為にならないと思っており、知育玩具さえも買ってあげない親

くだらない玩具はともかく知育玩具は子供の知能発達を助けます。

昔僕がとある知育玩具のCMを見て親に欲しいと言いましたが玩具はダメと言われ買ってもらう事ができませんでした。空間認識力を伸ばす玩具でしたがそれにハマっていれば数学力が高くなっていたかもしれません。

 

人前で怒鳴りつける親

人前で子供を「うるさい!」などと甲高い大声で一喝する親へ、あなたの方がうるさいよ。

公の場で子供が泣くのを強く叱ってばかりいると将来、子供が人前でしゃべる事に対して羞恥心を感じるようになります。怒鳴りつけるのでは無く別の方法で泣き止ませるようにしましょう。

 

頭ごなしに叱る親

叱るにはそれ相応の理由を説明してあげなければなりません。

理由無き叱責は親が本来持ちうるべき説得力を下げるだけです。

 

人前で子供が恥を掻くような事をする親

特に友達が居る前でこれをやると将来が怖いですよ。親は些細な事に見えても子供にとっては大きな事かもしれません。根に持たれると将来が怖いですよ。忘れたとしても子供はずっと覚えてます。

 

素朴な疑問に答える事ができない親

子供は「どうして空は青いの?」とか「何で蟻は小さいの?」などといったように素朴な疑問を親にぶつけます。その際、的確に答える事ができないと親をバカにします。頭の悪い親を見下すようになるのです。

 

子供の言う事を何でも否定する親

この行為はその子の自信を奪います。自己評価の低い人がたまにいますよね。自分をけなしてばかりの人です。自分からは事を起こさず他人の指示を待ったり、自分の意見も言わず社会で自己主張できない大人はこのような行為をするバカ親に育てられたのかもしれませんね。反対意見があるならまずは「うん、確かにそうだね、でも」といったように前置きをしてから間違いを正すようにしましょう。

 

夫婦喧嘩が絶えず、子供の前で無様な感情を露わにする親

家庭環境の悪い家庭で育つと性格に歪みが出るそうです。それは人格障害にもつながることです。

 

進路選択の際に親身なアドバイスをしてやる事のできない親

中学受験、高校受験、大学受験などと子供の人生を左右する大事な場面で放任し、的確で納得の行くアドバイスをしてやる事ができないと子供が道を誤る可能性が極めて高くなります。とはいえ過保護になるのも問題です。子供自身が自分で決めると言った場合は別ですが大多数は先の人生なんぞ分かりやしません。進路選択は人生の先輩である親自身が親身になて相談してやらなければいけない事なのです。

頭のいい親ならば、進路がその子の人生にとって大きな分岐で、場合によっては人生すら左右することなので、この記事でも書いたように子供に正しい判断をするように教えていかなければならないと必死になるはずです。

親が金持ちの子供は頭が良く貧乏の親の子供は頭が悪いと言うが

 

〜した方が良いとは言うがその理由などを論理的に示さない親

親の説得力を下げる一因です。

 

子供の観たい番組を最もらしい理由をつけてチャンネル変更してテレビを独占する親

子供にも権利があります。自分ばかり見たい番組を観て子供には我慢してもらうというワガママな親の精神年齢の低さに子供は気づいています。

 

子供との口論に熱くなってつい屁理屈を言っちゃう親

子供相手に口論で熱くなる精神年齢の低さは問題です。

核心を突かれて感情的になって怒鳴ってしまうのは問題外です。

もうこの時点で見下されていることでしょう。

 

 

悪い部分があったら即否定し、子供の上っ面だけしか見ない親

どの子にも必ず良い面があります。そこを褒めずに悪い面だけに目を向けて叱る親。

言うなればアメは与えないがムチだけを与える親

まるで外見だけで不良生徒を人間のクズ呼ばわりしているひと昔前の教師です。

これはもはや親である資格が無い。

 

とんだボンクラ息子に育てたくなかったら上記のような親にはならない方が良いかもしれません。

 

最後に僕の過去の友人であるA君の事例を紹介します。

A君の親はすごくバカでした。子供ながらにそう思ったものです。

バカ親に育てられた友人A君の末路

小学生の時A君は僕を火遊びに誘ってきました。

毎日のようにピンポンダッシュをやっては次の日に学校で自慢したり

僕に隣に住んでいる女の子のお腹を噛め、と指示したり

友人B君の妹に股間を擦り付けたり

年下の子供をしょっちゅう泣かせたり

ペットを高い場所に置いて怖がる様子を鑑賞したり

登校拒否して家でTVゲームばかりやっていたり

僕が帰ってほしくなかったのか、僕の靴を隠したり

気に入らない事があるとすぐキレたり

友人C君に「これ、ヤシの実のジュースですっごい美味しいよ」と言いながら自分の尿を飲ませたり

中学に進級したA君

エアーガンで同級生を撃ったり

何の罪も無い通りすがりの人を撃ったり、ロケット花火を当てたり

友人にカツアゲを指示したり

しょっちゅう万引きしたり

相変わらず公園で火遊びしたり

ストリートファイトという名の元に友人同士を戦わせ、関係悪化させたり

僕が見てきた限りでも様々な悪い行いをしていました。

その親は上記したような事項にほぼすべて当てはまっていました。

ちなみにA君は4兄弟の長男でしたが兄弟全員を精神的に支配しており、指示に逆らうと暴力を振るうそうです。

 

純真無垢な子供が家庭環境や親の育て方次第では悪魔にもなる。そんな実例を紹介しました。