段や級っていうと将棋とか武道を思い浮かべますよね。

級は数字が多い程実力が低く、段は数字が多い程実力が高いというアレです。

個人的にはビジネスにも段級位を取り入れたら良いとおもうんですよ。

その理由は目標を立てる際の基準になる気がするからです。

段位を上げたいが為に売り上げを上げようと頑張るので日本経済活性化しそうじゃないですか?

いやーナイナイ!とは言わないで面白半分で以下の基準を読んでみて下さい。

ビジネスの年間売上高のレベルを段級位で例えると・・・

10級:0〜200万円

9級:201万円〜400万円

8級:401万円〜600万円

7級:601万円〜800万円

6級:801万円〜1000万円

〜年商1千万円突破〜

5級:1001万円〜2000万円

4級:2001万円〜4000万円

3級:4001万円〜6000万円

2級:6001万円〜8000万円

1級:8001万円〜1億円

〜年商一億円突破〜

初段:一億1円〜五億円

二段:五億1円〜十億円

〜年商十億円突破〜

三段:十億1円〜五十億円

四段:五十億1円〜百億円

〜年商百億円突破〜

五段:百億1円〜五百億円

六段:五百億1円〜一千億円

〜年商一千億円突破〜

七段:一千億円〜五千億円

八段:五千億円〜一兆円

〜年商一兆円突破〜

九段:一兆円〜五兆円

十段:五兆円以上

 

どうでしょうか?

的確でしょうか?

最高段位の十段は5兆円に設定してしまいましたが見当たる企業はありますでしょうか?

ビジネスの年商を段位、レベル別に例えてしまいましたが

だいたいこのぐらいだと思うんですよね〜。

まあ、売上高は業種によって少ない多いありますがそこは考慮しないとして。