新型烏龍茶とは?

サントリーの烏龍茶が新型となってリニューアルしたらしい!

一体、何がどう変わったのだろうか?

味が劇的に変わってるのか?それとも成分がグレードアップしたのだろうか?

烏龍茶と言えば、ポリフェノールが豊富なことでも有名ですよね。

 

しかも!CMにミランダカーを起用するという大胆な広告を打ってきた!

ミランダカー好きは必見!とてつもなく美しいでありますw

スレンダーなナイスバディで歩きながら烏龍茶を飲んでいる!

日本の商品を口にしてくれているというこの上ない親近感が湧いてきますねw

新型烏龍茶

ミランダカーがここにも居るではないかッ・・・!

CM以外でも大活躍ですね。

キレイだ・・・w

 

ミランダカーもこの新型烏龍茶を飲んでますよ!この新型烏龍茶でこの体系を維持してますよ!的な意味が込められているのか?

なにわともあれ、宣伝効果は抜群であろう。

と同時に莫大なる宣伝費を賭けてるに違いないw

 

それはそうと、従来の烏龍茶と何が違うのか?

早速、飲んでみたいと思います!

新型烏龍茶を飲んだ感想

新型烏龍茶の感想

色合い、香り、風味、どれをとっても今までの烏龍茶との変化が見いだせない・・・。

これの何が新しいんだ?

クッ、クソー!分からない!w

キレのあるスッキリな味わい!なんてありきたりすぎるコメントは聞き飽きた!w

ミランダカーを広告塔にするぐらいだから何か劇的に変化したことがあるはずなんだッ・・・!

(考えろ・・・考えろオレ!)

 

はっ!?もしや、味ではなくて成分ではないか?

冒頭で書いたポリフェノール含量の違いがあるのではないか!?

いや、でも明確な違いの記載はどこにもない・・・笑

 

じゃあ何が違うんだよ!新型って言いたいだけなのかよ!?

●中味の特長
独自の茶葉抽出技術を新規採用し、烏龍茶ならではのコクや香りは活かしながら、飲み続けても渋みが残らない、後味がよりすっきりとした味わいに進化させました。

●パッケージの特長
インパクトのある茶色のキャップと新型ボトルを採用し、烏龍茶ならではのコクとキレのある味わいをスタイリッシュに表現しました。ラベルはオフホワイトを基調とし、ロゴを大きく配することで、シンプルかつ堂々とした印象に仕上げました。
●環境に優しい包材の導入について
リニューアル発売に合わせ、烏龍茶ペットボトルのラベルを、従来の「油性グラビア印刷」から、「水性フレキソ印刷」に変更します。
これにより、揮発性有機化合物(VOC)の発生をほぼ抑え、ロールラベル1枚あたりのラベル印刷工程におけるCO2排出量を約8割削減することが可能となりました。

SUNTORY公式サイトより出典

 

見つけました・・・新型なる由来を!

なるほど。

これらのことが新型なる烏龍茶の隠されざる真実だったのか。

 

味の改善はもちろんのこと(気づかなかったがw)、烏龍茶の特徴を更に分かりやすく表現し、なおかつ地球にやさしいパッケージを使用するなんて!

この貢献度、ハンパねぇわマジでw

これはミランダカーも協力するわけだw

 

ミランダカーを起用したのも新しくスタイリッシュに生まれ変わった烏龍茶の魅力を伝えるためなんだってさ。

さすがサントリー。抜かりない。

 

キレのある後味で口がスッキリ、そして頭もスッキリしましたw

 

評価は☆4つ

新型烏龍茶の原材料名

烏龍茶、ビタミンC

新型烏龍茶の産地

中国福建省

新型烏龍茶の情報

内容量・重量:525ml

価格税込:140円

発売日2017年5月9日