腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛すべり症などの腰の痛みをたった15分で改善してきた中川卓爾さんの腰痛解消法です。

30年間で延べ50万人もの患者さんの症状を緩和。

改善してきた名医監修のもと作られたプログラムです。

そのツラい椎間板ヘルニアを治しませんか?

私の弟は真冬の寒い時期の早朝、太腿とおしりの付け根の部分に電流が走ったような激しい痛みに襲われ、近くの救急病院へと搬送されました。

その後、総合病院の医師に痛みを緩和させる為のブロック注射を打ちました。

ところが、ほとんど効かずしばらくの間少しだけ痛みは和らいだもののまだまだ激しいと言わざるを得ない痛みが続きました。

なかなか立つ事が出来ず何とか立てるようになったものの痛みは相変わらずでした。

実は、救急車で搬送される一週間前に整形外科の医師からは腰椎椎間板ヘルニアと診断されていたようです。

 

真冬だったので寒さが影響したのか突然ビリっと来たそうです。

搬送されてから一週間後、一応退院できたのですが3日後、またつらい痛みが再発していました。

医師からは手術をすすめられましたが成功率が低く、もし失敗してしまった場合、再発して更に悪化してしまうなど高いリスクを伴うため周囲からは反対されました。

弟自身は一刻も早くその痛みから逃れたいが為に手術を受ける気になっていたそうですが周囲の反対があまりに多いので自力で治す事に決めたそうです。

牽引や温熱治療を試したり整体に通ってみても一向に治らず四苦八苦しておりました。

そんなある日、見つけたのが中川卓爾さんの監修している腰痛治療法でした。

貴方もふとももやおしりの付け根に痛みを感じていませんか?

電流が走るようなピリッっとした痛みで長時間立つことや座る事が出来ないなんて事はありませんか?

もし心当たりがあるのならば救急車で搬送される前に改善される事をおすすめします。

私の弟はその痛みから正しい姿勢を保つことが困難になり、痛みを緩和させる為の姿勢を取らずにはいられない状態になって、その状態を保っているうちに次第に神経が圧迫され、太腿の筋肉が硬直し、坐骨神経痛も発生。

腰痛改善法ではそのような痛みや症状を緩和・改善してくれます。