4月15日、アメリカと北朝鮮の問題がネット上でもかなり話題になっていますね。

いつミサイルが北朝鮮から飛んできてもおかしくない状況に怯えている人も多数居ると思います。

もし東京にミサイルが直撃したら国家機能はマヒし、甚大なる被害が予測できます。

 

以下のミサイル被害予想を見てみてください。

東京都心部を直撃地点としてシュミレーションした場合、そのミサイルの威力は半径40キロ弱にも及ぶとの計算予測がされています。

以下のツイートでは北朝鮮のミサイルではそんな被害範囲は及ばないと、否定していますが安心はできません。

何発も飛んで来ればツァーリボンバに及ばなくとも相当な被害範囲になることは想像に難くありません。

少なくとも半径5km圏内にいた場合は命の保証は無いでしょう。

 

しかし、核爆弾にも耐えられるシェルターがあれば命が助かるかもしれません。

楽天で販売していたので面白半分に掲載致します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【問合せ殺到】 命を守る 防災 核シェルター1-3名入る事が可能です
価格:2500000円(税込、送料別) (2017/4/15時点)

 

家庭用核シェルターの値段

これは家庭用の核シェルターのようですが

その値段は何と840万円もするそうです。

大企業勤めの40代サラリーマンの年収程度・・・

これは一般市民には手の届かない金額ですよね。

 

しかも3人までしか入れない。

家族が4人以上居る家庭は2つ以上購入しなければならなそうなので1700万円は必要です。

 

お金持ちしか買うことができませんね。

 

ちょっとこの値段、高すぎるんじゃないの?

と思うかもしれませんが私はそうとは思いません。

万が一ミサイル・核爆弾が飛んで来る場合、警報音(Jアラート)を聴いた後すぐさまこの核シェルターの中に避難すれば命が助かるのですから安いものです。

それだけではなく、致命傷も免れるかもしれません。

 

ミサイルが来なかった場合でもこの物騒な世の中ですから核シェルターを保有していることによる心の安定感はプライスレスだと思います。

命をお金で買うという選択、お金に余裕があるならするべきです。

【問合せ殺到】 命を守る 防災 核シェルター1-8名入る事が可能です