頭が良くなりたい?

ではその頭の良さとは一体何でしょうか?
きっと、当ページに訪れたあなたはきっと、頭が今よりも良くなって難しい問題を解いたり、記憶力を良くして難関学校の試験に合格したり、読解力や速読力を身につけて読書にかける時間を省き、人生の効率化を図りたいなどと思っている事でしょう。

頭の良さには様々な種類がありますがここでは上のような「頭の性能」という意味での頭の良さを上げる方法をご紹介します。

では頭の性能とはどのようなものなのか?まずはそれを明確にしてみたいと思います。

頭がよくなる方法

頭の良さをパソコンに例えると

コンピューターに例えると分かりやすいでしょう。

  • コンピューターはCPU(演算処理装置)で計算をします。
  • ハードディスク(記憶装置)でデーターを長期記憶します。
  • メモリでタスクの処理作業をします。

人間の頭もこれに置き換える事ができます。

つまり、一般的に我々が考える頭の良さとは計算力、短期記憶力、長期記憶力などの事を指すのだと思います。

これらの頭の良さは一定レベルまでは鍛錬によって伸ばすことが可能です。

計算力を鍛える方法

計算とは数と数を足したり掛けたり、引いたり、割ったりというような四則演算だけでは無く、計画を立てたり、作戦を練ったりというようなことも計算のうちに入ります。

良く、魔性の女が男を落とすための計算をして計算高い女だとかとやかく言われていますがこの類の計算です。

数量的な計算力の向上を目的とするのであればそれはもうただ単純に計算ドリルを片っ端から解いていくことをお勧めします。

また、近年流行っているインド式計算ドリルもオススメです。

計算力をアップさせたければ以上の方法を継続してゆくことで計算力を上げていくことが可能となります。

学校に行ってないなどの理由で計算ドリルをあまりやったことの無い方は周りの人よりも計算が遅いかもしれません。

数の計算力というのは問題数をこなしていけば必ず正確に、速く解けるようになります。

稀に物凄いスピードで計算をする人も居ます。このようなタイプはほぼ皆そろばんをやっているでしょう。

何故か?それはそろばんの図が頭に入っているから。

これが頭に入っている事で数を見るとそろばんの図に置き換わる。そして何桁もの数を見ただけでそろばんの図に変換されるので計算がラクに解けるのです。

つまり、計算しているようでいて計算をしていないのです。これは右脳で計算問題を解いている状態と言えるでしょう。

なので計算力をアップさせるという観点からはやや遠ざかるような気もしますが数の計算力をアップさせたいときにはそろばんは物凄くおススメです。

では、数の計算では無いもう一方の計算力を上げるにはどうすれば良いでしょうか?

それは将棋をやる事です。将棋は戦略・計略のゲームと言われています。

駒の動きを計算し(先読みし)ながら、相手の王様を詰めるゲームです。

軍略に長けた武将たちは皆、将棋をやっていました。数の計算力ではありませんがこうした計算力の方もあった方が賢く思われます。

こっちの計算力は一般的に、「思考力」や「論理力」などといいます。

短期記憶力を鍛える方法

作業をどれぐらい広くできるのか?に値する能力が短期記憶力です。

この能力が高いといくつものタスクを同時並行でこなすことが可能となります。

短期記憶力が高ければ見聞きしたことを一定期間(数十秒~2週間程度)忘れず正確に覚えてられます。

なのでテスト勉強をやる人はこの能力の精度が高いほどテスト本番でも高い点数を取れるようになります。

因みに、天才と言われるような人はこの短期記憶力が極めて高いと言われています。

つまり天才は付け焼刃の知識をあたかも前々から知っているように語ったりすることができるのです。

この能力を伸ばすのにも計算ドリルは役に立ちます。計算は前頭前野という脳の部位を鍛えます。

前頭前野を鍛えれば短期記憶力もアップします。

長期記憶力を鍛える方法

長期記憶力とは長い間ある出来事を覚えていられる能力です。

例えば、漢字を勉強したとします。その文字をいかに長きに渡り保持できるのか?が長期記憶力です。

長期記憶はまず短期記憶の反復によって落とし込まれます。

イメージとしてはまずある物事を短期記憶で記憶→反復→長期記憶に落とし込まれる。といった形です。

一回覚えてしまって忘れない記憶=長期記憶だと思ってもらえれば分かりやすいかもしれません。

この能力を伸ばすには?

残念ながらこの能力は生まれつき決まってしまっています。海馬のサイズで決定されてしまっているのです。

しかし、短期から長期へと上手な移行方法を知る事で記憶力アップができます。

短期記憶から長期記憶へと落とし込むには脳が「この情報や知識は自分にとって必要な能力だ」と認識する必要があります。

つまり、漢字を完全に記憶したい場合、目的を持って漢字を覚える必要があるという事です。

極端な話、この漢字検定に受からなければ命が無い!と思ってやればそりゃもう長期記憶にイヤでも落とし込まれます。

このような切羽詰まった状況には中々なりませんが漢字検定に受からなければ目標にしている志望校も無理だな、だったら受かるためにはしっかりと漢字を覚える必要があるな、といった具合に目標を持って漢字の勉強をする必要があるという事です。

頭がよくなる方法まとめ

如何でしたでしょうか?

計算力、短期記憶力、長期記憶力。

これら頭脳の性能を上げる事によってあなたの頭は確実に良くなったと言う事ができるでしょう。

少なくともこれらの能力が上がれば勉強での成績や学力もそれに比例して上がる事でしょう。

実は、これらの能力は集中力が上がる事で更にアップします。

集中しているときにした勉強とそうでないときにした勉強とでは成果が全然異なります。

また、計算に関しても集中力があるときとないときではスピードと正確性に多きな差が表れます。

なので試験前や大事なテストのときには集中力がいかに大切かをお分かりいただけると思います。

その集中力をアップさせるのがオメガ3という栄養素です。

オメガ3とは魚の油の一種でDHAという成分が多く含まれています。

DHAは脳の調子を上げます。

集中力を大幅にアップさせるの効果があるのです。

なので、もっと頭を良くしたいのであればオメガ3のサプリメントがお勧めなのです。

ただ、巷にあふれているオメガ3のサプリは質の低いものばかりです。

特に安価で手に入るようなオメガ3サプリは水銀等の不純物が入っています。

それらの不純物が入っていない物がオススメです。

それがアオザというオメガ3サプリメントです。

アオザはトライアルも可能なので詳細は以下のページにてご確認ください。