あの人は今?ならぬあのオモチャは今シリーズ第一弾!

記念すべき第一回目は「たまごっち」です。

初代たまごっち

1997年頃に社会現象を巻き起こした育成型ゲームです。

今20代〜30代の方々に知らないという人は居ないのではないでしょうか?

かく言う私もたまごっち欲しさに色々のおもちゃ屋さん巡りをしたものです。

それでも手に入らずに他人のたまごっちをやっている姿を見ては

指を咥えて羨ましがっていた苦い記憶があります。

まあ、天使っちは手に入れたんですけどね^^;

 

さて、そんな過去の大ヒット商品たまごっちですが現在はどうなっているのでしょうか?

リサーチしてみました。

たまごっちは消えたのでは無く進化していた!?

はい、今はもうメディアではたまごっちについてほとんど放送されることはなくなっていたので私はてっきりもう生産中止になって消えていたのかと思ったのですが実はまだあったのです。

しかも進化していました。ブームは1996〜1999年まででその後、ブーム再燃期が2003年に訪れたそうです!

う〜ん、全然知らなかった!!

開発チームがこの噂を聞きつけ開発をして新たなるたまごっちが登場したそう。

かえってきたたまごっちプラス

赤外線通信機能が追加され、他のたまごっち機器との通信が可能というこのたまごっちは「かえってきたたまごっちプラス」というそのまんまの名称で再登場したらしいです。

小学生を中心に売れていき2007年末までに3000万個を売り上げたそうです。

 

実はまだこれだけに留まらず。まだまだ進化を遂げます。

それは2008年9月からの第三期とも言える商品の「たまごっちプラスカラー」です。

このたまごっちはこれまでのモノクロ画面では無く、カラー画面になりました。

また、ボタン電池で動くのでは無く単四電池2本で動くそうです。

カラフルにたまごっちを楽しめるのでよりたまごっちの世界観が感じられるようになっています。

そのおかげもあってか2009年10月にはたまごっちのアニメも放送されたようです。

たまごっちプラスカラー

 

その年の11月には「たまごっちiD」が発売。

このたまごっちは「Tamagotchi iD」とローマ字の表記になっています。

携帯電話との通信が出来るそうでアイテムをダウンロード出来たそうです。

言わばたまごっちのIT化が始まったのですね。

顧客ターゲットは女児だったそうです。

たまごっちId

・Tamagotchi iDL

2011年3月に発売された

たまごっちiDの改良版

カラーバリエーションも増えました。

プリキュアって感じの色合いですね。

デザイン良かったからなのか一部の店舗で品薄になるなど人気商品だったらしいです。

たまごっちidl

 

・2012年11月は「Tamagotchi P’s」が発売。

たまごっちiD系列の後続機種だそうです。

やはり女児を対象としているだけあってプリティなデザインです。

 

たまごっちps

 

・2014年9月27日には「TAMAGOTCHI 4U」が発売。

こちらはたまごっちP’sの後続機種。

色も4色でスタイリッシュな印象ですね。

赤外線通信では無くタッチで通信可能なNFC(近距離無線)通信方式なのだそう。

時代の流れと共に随分とハイテクになったものです。

そして何とお店でクーポンが使えるそうです。

顧客層は女児では無く誕生当初に遊んでいた20〜30代女性がターゲットなのだそう。

今現在も発売中とのこと。お値段は税抜5980円

たまごっち4U

・たまごっち4Uプラス

2015年7月発売

最近発売された4Uの後続機種です。

カラーバリエーションがより豊富になりました。

好評発売中!価格は税込6458円

たまごっち4Uプラス

以上がたまごっちのヒストリーです。

かれこれたまごっち誕生から今年で19年経ちましたがまだ残っているだなんて思ってもいませんでした。

誕生当初は大ブームが巻き起こり社会現象にもなって男女問わず楽しんでいましたがブームが去った今でも若い女性を中心として根強い人気を保っている事がうかがい知れます。

 

たまごっちの歌と歌詞

あっち向いて♩こっち向いて♩たったたまたまたまごっち〜♩

って感じの曲があるのをご存知でしょうか?

四国に旅行に行った際、お土産屋でこの歌が流れていたのを今でも覚えています。

もう18年ぐらい前なのに・・・余程印象的だったのでしょうね。

あ〜懐かしいな〜本当に。