アイスの種別ってなに?

巷で売っているアイスにはパッケージの裏に種別:アイスクリームとかラクトアイスとかアイスミルクって書いてありますがこの表記の意味って何なの?

と思われる方も多いかもしれませんのでそれぞれの特徴や違いを解説します。

アイスの種別

アイスクリームの種別は以下の4種類に分けられています。

 

・アイスクリーム
乳固形分が15%以上or乳脂肪分8%以上。

アイスクリーム

 

・アイスミルク
乳固形分が10.0%以上or乳脂肪分3%以上。

アイスミルク

 

・ラクトアイス
乳固形分が3%以上。

ラクトアイス

 

・氷菓(呼び方は→「ひょうか」)
乳固形分は0%以上3%未満

氷菓子

 

アイスを買うときは表記を見て乳固形分と乳脂肪分のパーセンテージを見ながら判断しても良いですね。

 

よく、安いからといってラクトアイスばかりを買ってきては「このアイスクリームにはコクが無い」と言う人が居ますが当たり前です。コクを求めるのであれば最低でもアイスミルクの表記の物を買うようにしましょう。

 

私はコクのあるアイスクリームが好きなので買う前にこの表記を確認するようにしています。

 

乳固形分とは?→アイス全体の中の水分では無い部分のことを指します。

乳脂肪分とは?→乳固形分に含まれる脂肪分のことを指します。(バターやクリームになる

無脂乳固形分とは?→乳脂肪分を除いた固形分のことを指します。(脱脂粉乳など

アイスの種別乳脂肪分とは

 

アイスを買う時には味で選ぶか?価格で選ぶか?カロリーで選ぶか?人それぞれ分かれますよね。

 

アイスクリームが一番コクがあってクリーミーでミルキーなアイスです。

純粋にアイスそのものの味を楽しみたいのであればアイスクリームが良いでしょう。

代表的なのがハーゲンダッツやレディーボーデン、パルムです。

 

次にコクがあるのはアイスミルク。

アイスクリーム程では無いがラクトアイスよりはクリーミーです。

お値段は100円以上200円未満の物が多いです。

代表的なのはモウやチョコモナカジャンボ、雪見だいふくなどです。

 

ラクトアイスはおそらくコンビニやスーパーで一番多く売られている100円前後のアイスです。

乳脂肪分が少ないのでコクやクリーミーさは劣りますが安価です。

逆に言えばサッパリしています。

植物性脂肪分が使われている場合も多いので意外と高カロリーです。

代表的なのはスーパーカップや爽です。

 

氷菓は言わなくても分かると思いますが氷をメインにして作られたアイスです。

コクやクリーミーさはありませんがシャーベットやかき氷のように爽やかな食感で低カロリーです。

そのため、夏は食べる人が多いですね。

夏の暑い時期などに涼しさを感じたいのであれば氷菓です。

ガリガリ君とかICE BOX、サクレなどがそうです。

 

以上、アイスクリームの種別でした。