セブンイレブンが米国2万店を視野というニュースを見ました。

セブンイレブンはここ数年の間でも店舗数を増やしていますよね。

家の近所にも、1km圏内にセブンイレブンが3店程あります。

店舗によって特徴があり、2階建てで商品を多く構えているところもあれば、飲み屋街の近くにあるセブンイレブンだと、女子トイレの手前のスペースに化粧部屋を広く設けているところもあります。

コンセントも自由に使えるように完備されているので、若い女性のかたがそこでこてを使って髪の毛をセットしていたり、あとは飲み会などで携帯の充電が切れた時なんかも使えますよね。

コンビニに行く理由が今までは商品を買いに行くことかトイレを使いに行くことがメインでしたが、そういったスペースが完備されているとそこを使用する目的で立ち寄る人も増えてきそうですね。

しかし、同じセブンイレブンが近距離にありすぎても、置いている商品が似たり寄ったりですので、利用者側としては、色々な種類のコンビニがあるほうが嬉しいです。

無印良品に行きたいときに、近くにファミリーマートがあると助かりますしそういった人気ブランドとの提携も広げていってもらいたいです。

これからどうなっていくのでしょうか?今、セブンイレブンは売上高兆超えのメガストアです。

今後の飛躍が楽しみですね。