空港などでスマホを使用しない方が良い理由

空港は公衆無線LAN=無料のWiFiが多数設置されています。

無料WiFiにはセキュリティの問題が潜んでいます。

ならスタバとかファーストフード店や駅のWiFiも一緒だろうと思うかもしれませんね。

確かにそこも危険です。しかし空港のWiFiの方がもっと危険なのです。

何故なら空港は多くの人が行き交う場所だからです。

人数の問題?というよりかは悪意を持った人の数の問題といったほうが的確かもしれません。

空港は日本人だけではなく様々な国の外人が居るのでそれだけリスクも上がることになります。

それだけ人が多ければハッキングしてやろうという悪意を持ったハッカー(正しくはクラッカー)も存在するかもしれません。

個人のスマホを狙うクラッカーの手口

IPhoneの場合、WiFi(アクセスポイント)に接続する際、【設定】→【WiFi】→【ネットワークを選択】で接続可能なネットワークが表示されます。その際ネットワークの名前の右側に黒い鍵(南京錠)のマークが出ているのがふつうです。そして、接続の際にはパスワードの入力を求められます。

設定WiFiネットワーク選択

しかし、危ないネットワークの中にはそのマークが現れていないのです。これはどういう事かと言うと、パスワードを入力しなくとも繋ぐことが可能なネットワークだということです。つまり、このネットワークは誰でも接続可能だということです。

えっ?パスワード入力なしで接続できるなんてラッキーじゃん!入力なんて面倒くさいし!と思うかもしれませんがクラッカーはこれを利用します。手口としては偽アクセスポイントを作ってそこに接続してくる人を待ち伏せするのです。

こんなに怖い!偽アクセスポイントの恐怖

クラッカーはこの偽アクセスポイントにマルウェア(ウィルスやスパイウェアの総称)を仕込んでいます。

なのでもし貴方がここに接続してしまうとお使いのスマホがそれらのマルウェアに感染してしまうことになります。

そうなると、通信内容が盗み見られてしまうことは勿論、保存している写真や動画、音楽などのデーターさえも盗み取られてしまいます。

ひどい場合はクレジットカードのデーターさえも盗まれて使われてしまう危険性もはらんでいます。

スマホハッキング対策

⒈WiFi自動接続は必ずオフにしておきましょう。オンになっているとパスワードなしの偽アクセスポイントに自動で接続されてしまいかねません。

⒉無料WiFiを使うのを避ける。これが一番賢明かもしれません。

⒊自前のWiFiルーターを使う。WiMAXイーモバイルのルーターは持ち運びが可能なのでそれをアクセスポイントとすれば多少月額費用がかかったとしても外で使うことの多い方にとってはセキュリティ面で余計な心配をしなくとも済みます。

 

誰でも接続できるネットワークの中にはこのようなワナが潜んでいたんですね。外でWiFiに接続する際にはこのようなことに気をつけながらスマホを利用するようにしましょう。勿論、パソコンを使う人も気を付けて下さい。