野球のピッチャーって一般人の投げる球よりも全然速い球を投げますよね?(当たり前ですけど)

選手の投げるところを後ろから見ていると感動さえ覚えてしまいます。

ピッチング投球練習

野球中継も一応、アングル的にはマウンドの後ろから撮影しているので見れますけど近くで見るどやっぱり全然迫力が違う。

投げたボールがキャッチャーのミットに当たるパシンッという音も良いですよね。

今回はそんな、ピッチャーの迫力ある動画を集めてみました。

千葉ロッテマリーンズはサウスポーの投手・チェングァンユウ選手のブルペンでの投球練習動画

腕の血管が盛り上がっている事からも分かる球のスピード。

球速はMAX最速147キロとのこと。

ソフバン攝津正投手のピッチング動画

ストレートの伸びの良さが見ていて気持ち良いですね。

高校野球時代の藤浪投手の投球練習

長身から繰り出される叩きつけるようなストレートの球威

球速170キロを投げると言われているチャップマンの投球練習動画

170kmって・・・もう次元が違いますよね。

日本人野球選手での球速MAXスピードは日本ハムの大谷翔平投手の162キロが最高球速です。

こちらの動画はキャッチャー(捕手)目線での投球動画です。

ピッチャーの投げる球のスピードが良く分かります。

球速といい、球筋といい、球威といい、流石プロって感じですね。

マー君こと田中将大投手のピッチング動画

動画の最初の方、スナップだけで投げた球が一般人が全力で投げる球よりも速そうなのにビビりますね。

如何でしたか?ピッチャーのピッチングを後ろで見る事は野球観戦での1つの醍醐味だと思います。

球種はストレートに限らずカーブやスライダー、シュート、フォークなどの変化球も見ていて面白かったのではないでしょうか?

また、投手の投球フォームの細かい動きだったり、日本人投手と外国人投手の投げ方のクセの違いだったりを見比べてみるのも楽しみの1つだと思います。

ゲームの結果などの大まかな内容や全体像は勿論、球種や球速などの一部分にも注意を向けると見る楽しみも広がりますね。