さぁさぁやって参りましたあのオモチャは今?シリーズ第二弾!

今回は「ミニ四駆」です。

マグナムセイバー

1994年頃から1998年頃にかけて大ブームとなり全国の小学生がこぞってやっていたのを今の20代後半〜30 代の方なら知っていると思います。

近所の駄菓子屋さんまたは自分の家or友達の家のコースで誰のマシンが一番速いのかを競いましたよねぇ~。

そして休日にはデパートなどの大型商業施設の屋上で大々的にコースが設置されていてイベントがあってミニ四ファイターがレディーゴーの掛け声とシグナルが赤から青に変わる合図と共にスタートさせたものです。

あ~なつかしいな~。

当時、なけなしのお小遣いをはたいて一台のマシンとモーター、電池、パーツをオモチャ屋さんなどで買っていませんでしたか?

ちょっと裕福な中流家庭の子供は誕生日に一つ数万円前後もするコースを頼んだのではないでしょうか?

ミニ四駆のコース

あまりお金が無い家庭の子も友達の家に遊びに行ってはコースで走らせていたのでは無いでしょうか?

さて、そんなチョー懐かしいミニ四駆ですが今はどうなっているのか?

メチャメチャ気になったのでリサーチしてみました。

2015年現在、ミニ四駆はやはり進化していた。

「ねんどろいどぷち」とコラボしていたり、マシンの外観がカッコ良くなっていたり、モーターのシャフトが二本になっていたり、ここ十数年でミニ四駆は微妙に進化を遂げておりました。

アバンテ2001の進化版「エアロアバンテ」

ミニ四駆のアバンテ

かっこいいですねぇ。これは欲しい!!

モーターのシャフトが増えている・・・

ミニ四駆のモーター

走る速度も二倍に?

そんなわけないか

ねんどろいどぷちコラボレーションミニ四駆

ミニ四30周年記念ねんどろいどぷちコラボレーションミニ四駆

ねんどろいどコラボミニ四駆

遊び心に溢れていますねぇ。この他にもフィギアをコックピットに取り付けてあるミニ四駆がたくさんあるそうです。

現在大人のミニ四駆なるものが流行中の模様・・・

今はブームが再来し大人を中心に盛り上がっているのだそう。

大会も定期的に行われており参加者も皆超ハイレベルなのだとか。

そういえば最近、テレビで爆走兄弟レッツ&ゴーが再放送していたなぁ。

これもブーム再来の煽りを受けてなのか!?

今、ブームに乗じている大人達は父親となり子供と一緒に大会に参加したりして親子で楽しんでいるのだそう。

また、子供の頃の懐かしさに浸ると言うよりは真剣にミニ四駆と向き合っているのだとか。

まあ、マシンを巧みに操れる親は子供から尊敬されますからねぇ。

そして子供は将来、メカに強くなる。

親子のコミュニケーション手段としても最適なのではないでしょうか?

大人がミニ四駆を始めるメリット

・懐かしさに浸れ童心に帰れる

・構想力が身につく

・親子で楽しめる

・上手に操れば子供から尊敬される

・子供が機械に強くなる

・子供とのコミュニケーション手段

など、良いこと尽くめですね。