囲碁や将棋の盤が汚れてしまったのだがどのようにしてキレイにすれば良いのか?将棋盤のお手入れ方法

今回はそんな疑問にお答えします。

将棋盤や碁盤のお手入れ方法

カラ拭き

雑巾を濡らして水拭きしようかな?と思ってしまいがちですが実はから拭きが一番です。

その理由は将棋盤や碁盤は年数が経つと灰汁(あく)が出てきて変色します。

その水分によって変色のスピードが速くなってしまうのです。

なのでまずは盤をカラ拭きしてからどうしても落ちないヨゴレは椿油を使用して落とすようにしましょう。

椿油はこのようなものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

椿油(将棋駒・那智黒碁石・将棋盤・囲碁盤のお手入れに)
価格:650円(税込、送料別) (2016/9/30時点)

 

以下は私がお勧めする最高級の椿油

 

汚れのひどい場所があれば椿油の使用で一掃できます。

椿油は汚れている場所に数滴垂らす程度でOKです。

その後、満遍なく盤面を拭いていってください。しかしここで注意したいのは盤の側は拭かない事です。

というのも盤側には碁盤を保護しているロウが塗られているので椿油で拭いてしまうとそれが剥がれてしまうからです。

という訳なのであくまでも盤の上を拭くだけに留めておいてください。

将棋盤、碁盤の保管、保存方法

温度変化の少ない場所に保管しましょう。

  • 直射日光を避ける事
  • ストーブやヒーターの近くに置かない事
  • 冷房が効き過ぎてしまう場所や北風の当たる場所に置かない事

将棋盤や碁盤は急激な温度変化に弱く、ひび割れの原因ともなる為、なるべく温度変化の少ない場所に保管、保存するようにしましょう。

湿度の高すぎる場所も避けましょう。

湿気のある場所で将棋盤を保管していると盤が少し濡れた状態になるため、変色スピードが速くなる事は勿論、青カビ発生の原因にもなります。なのでもし盤の表面に水滴のがあったり水分を感じたりカラぶきして取り除いてあげましょう。

お茶やコーヒーなど飲み物をこぼした場合はすぐにティッシュペーパーなどで水分を吸収させた後、乾拭きをしてください。

将棋駒、碁石のお手入れ方法

将棋駒のお掃除方法

水気を避け、カラぶきすること。

盤と同様に変色の原因となります。

特にツゲ材を使用して造られた駒は木の油分があるので柔らかい布でのカラぶきで十分です。

ただし、椿油なら大丈夫です。将棋駒を購入し、すぐに椿油を1、2滴程度布に垂らして全ての駒を拭けばその後キズやヨゴレなどを防ぐ事ができ、光沢感のある見た目になって美しいです。

碁石のお掃除方法

碁石は将棋駒とは違い、木でできていないので水に浸けても大丈夫です。

お手入れの際は汚れている碁石を水に浸した後、乾いた布で水分を取り除いてあげましょう。

理想は常日頃からカラぶきで汚れを取り除いてあげる事です。

ただし、蛤(はまぐり)碁石の場合は水で洗うのを避けてください。

その理由は石灰質の部分が脆くなってしまうからです。

その為、常日頃のメンテナンスや汚れた手で触らない事を意識する事が大事になってきます。

碁笥のお掃除方法

碁笥も水分は避け、から拭きでお掃除するようにしてください。

盤と同じく、直射日光・温度変化の激しい場所などには置かないようにしましょう。

水分がかかってしまった場合はすぐに拭くようにします。

以上が囲碁将棋用品のお手入れ方法です。

道具は大事なものです。長持ちするように日頃のお手入れを心がけるようにしてください。