マクドナルド:1971炙り醤油ジャパンを食べた感想や評価をレポートします。

※口コミや評判、カロリー情報は文末に記載しております。

1971年にマクドナルドで販売されていたバーガーが時を経て再び戻って来た!?

日本上陸45周年を記念して1955スモーキーと同時発売されました!

その名も、炙り醤油ジャパン!

なんかサッカー日本代表みたいで面白いですね!

マクドナルド1971炙りジャパンのカロリー

新聞をモチーフにしたオシャレな包み紙を開けた瞬間

中心のパティのデカさにビビりました。

マクドナルド1971炙りジャパンの口コミ

素材は炙りバンズに炙りパティ、レタスにトマト、チーズにベーコン、醤油ベースのソースといったところでしょうか?

うん、見た目的にはおいしそうですよね。

それでは頂きます!

マクドナルド1971炙りジャパンの評判

たっぷりシャキシャキっとしたレタスとスライストマト、お肉と野菜のバランスが良い塩梅です。

バンズは炙ってあるのでちょっと焦げています。

マクドナルド1971炙りジャパンの評価や感想

全体が炙ってあるためか?パティもやや固めな感じです。

中心にはベーコンが入っていました。

スモーキーアメリカと一緒ですね。

マクドナルド1971炙りジャパンはおいしい?まずい?

ソースは醤油ベースとのことで炙った諸々との相性が抜群!

ちょっと焼き鳥のタレのような味わいだけどそこがまた日本的!

チーズのまろやかな味わいとベーコンの塩っ気で味の濃さも中々!

 

大きなパティの食べ応えはクォーターパウンダーみたいだった。

食べた後に分かったことですがマスタード?いや、カラシも入っていたんですね。

マクドナルド1971炙りジャパンはどんな味?

もしかして1971年当時もこのクオリティー?

だったら人気出るのも不思議では無いですねー。

もう45年も経ちましたが炙るというバーガーの調理法は今のマックでは無いですよね。

そこが昔を感じさせますね。スモーキーアメリカよりも味が濃かったです。

 

1971年、銀座のマクドナルド日本第一号店でこれを頬張っていた当時の若者たちも今じゃシルバー世代なんだと思うとちょっと感慨深いものがあります。

今でも潰れずに生き残っていて現代の若者たちに受け継がれて行っているマクドナルドのハンバーガー、やっぱり凄いな!

 

新聞をモチーフにした包み紙が面白い!

中々の文字数

マクドナルド1971炙りジャパンの感想マクドナルド1971炙りジャパンは美味しい?不味い?1971炙りジャパンの食べてみた感想

オツな感じですね。読破すれば軽いウンチクも語れそうです。

評価は☆3つ。

マクドナルド1971炙りジャパンについてネット上での口コミや評判

  • めっちゃウマい!炙りが効いててちょっと渋いのが日本らしい味です!
  • 焼き鳥のタレ?みたいな味がする。
  • これはウマイわ!日本人なら好きな味だと思う。
  • スモーキーアメリカよりは不味いかな?
  • 肉がデカイな!それだけに肉感がハンパねぇ
  • 炙りジャパンだけバンズに線が入っているのは何故?
  • この炙りの良さが分かる奴ならハマる味かと
  • 味の濃さがナイスです!
  • 新聞紙に包まれた感じが面白い!味もそれなり。
  • まずいとは言わなけどお肉がちょい硬い!
  • 日米バーガー対決はどうやら引き分けの模様。
  • 見た目がちょい焦げで美味しそうに見えるけどスモーキーアメリカの方がうまい!

などの感想や口コミが見受けられました。

カロリー情報

一個あたり

エネルギー590kcal

たんぱく質32.3g

脂質35.6g

炭水化物35.6g

ナトリウム1234mg

アレルギー物質:卵、乳、小麦、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、りんご

重量243g

価格税込490円

発売日2016年7月6日(期間限定)