毎年恒例の隅田川花火大会ですが今年はじめて行く人は開催日時や会場が分からないという人も居るかもしれません。

東京都以外の地方からお越しになられる方などは特にいつどこでを把握しておいた方が迷いはありません。

そんな方の為に今年の花火大会の詳細を記載致します。

第38回隅田川花火大会の詳細情報

日時:2015年7月25日・18時15分開始、20時30分終了

場所:第一会場[桜橋下流から言問(こととい)橋上流]・アクセス→浅草線・東武浅草駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅

第二会場[駒形橋下流から、厩(うまや)橋上流]・アクセス→浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅

 

花火が綺麗に見れる場所は?どこで見たらいいの?

何と言っても花火は夏の風物詩ですから見やすい場所でビールやお摘みと共に仲間たちと一緒に見たいですよねぇ。

それならやっぱり第一会場だろう!と思ってしまうのが人間のサガです。

確かにここ隅田公園・吾妻橋周辺は隅田川花火大会を観覧する上ではベストな場所だと思います。

しかし、とーっても混んでいます。

吾妻橋

隅田花火大会へのアクセス・吾妻橋

桜橋

隅田花火大会へのアクセス・桜橋

言問橋

隅田花火大会へのアクセス・言問橋

この会場は既にシートで場所を取っている人たちも大勢いますので、開始前日以前に予約の意味も込めて大きなブルーシートで場所を確保しておく必要があると思ったでしょうか?

実はその考え、甘いんです^^;

剥がされてしまうので見張り番が付いていなければなりません。

見張るなんて面倒くさいことできるわけないだろう!!

ただでさえ忙しいんだから!!

まあ、確かにそうですよね。

でも、どうしても第一会場で観たいんだ!という人も居ますよね。

花火を第一会場で見るには前日の朝からシートを持って陣取って下さい。

前日夕方ごろから結構な陣取り合戦が繰り広げられますから必ずその前に行ってください。

なお、当日はめちゃくちゃ人が多く、混み合うので子連れの方は子供が迷子にならないように注意する必要があります。

 

 

そこまでしなくとも第二会場でもハッキリと綺麗に見る事が可能です。

駒形橋

隅田花火大会へのアクセス・駒形橋

 

厩橋

隅田花火大会へのアクセス・厩橋

この会場は周りに建物が多いので第一会場よりコンビニが多くあります。

しかしこの周辺の場所は18時から警備員や警察が道路で規制しはじめてホコ天になるので当日開始前に行ってもシートを陣取ることが可能です。

 

見どころ

第一会場の打ち上げ総数の数量は9505発、第二会場は10650発です。その中でも一番多いのは第一会場の隅田花火大会グランドフィナーレ(1945発)、第二の千変万化・隅田の大花絵巻(2000発)もの数量の花火が一気に打ち上げられます。これらの打ち上げのタイミングは最後の最後(20時25分頃)ですから最後まで見ることをお勧めします。

第一会場では20時5分からポケモン花火や妖怪ウォッチ花火が打ち上げられるのでこれらのプログラムはお子さんが喜ぶと思います。

第二会場では子供向けのプログラムはありません。

プログラムの詳しい情報

 

その他

当花火大会は毎年非常に多くの人々で賑わいます。なので、子連れの方は子供が離れないようにしっかりと子供を見張っておく必要があります。

万が一花火大会で子供が迷子になってしまった場合は迷子連絡所にて係りの人に伝えてください。
迷子連絡所の場所は会場に数カ所あります。

 

交通規制もやっているので会場周辺は凄い渋滞に見舞われます。なので車で行かないようにしましょう。

 

どのような場合は中止になるの!?

・雨天,荒天の場合

2013年の隅田川花火大会は雨が降っていて中止になりました。

25日の土曜日が中止の場合翌日の26日の日曜日になります。

両日とも雨天や荒天の場合は中止となるそうです。