ブルームーンを観た感想をレポートします。

 

ん?確かに今、真上の空に月はあるけれど・・・

 

青って感じの色では無いような・・・

 

そうなんです。青い月とは名ばかりであって

 

実際の色はふつうの月と一緒らしいです。

 

太陽は赤のイメージですが月は青いイメージというのは結構定着していますよね。

 

ですが実際のブルームーンは色のことでは無く「非常に珍しい」という意味で使われる「once in a blue moon」が由来だそうです。

 

この事実は凄く以外ですよね。

 

では何故凄く珍しいのかと言うと、2〜4年に一度しか見れないからなのです。

 

というのも、基本一ヶ月に満月が観れるのは一度だけですが一ヶ月に2回満月が観れる年があって今回がその2度目の満月であるブルームーンと言われる現象です。

 

今、私が撮影したのは21時50分頃のブルームーン。

2015年7月31日のブルームーン

なんか気持ち普通の月よりも大きい気がするのですが・・・

あぁ〜それにしてもクッキリと月面が見えます。

 

写真だとボケて見えますけどね。

 

見ると幸せになれるという言い伝えがあるそうです。

 

皆既日食や月食ほどのインパクトは無いかもしれませんが幸せになりたいなら見ておくべきかと。

 

私は都内在住ですがネオンの光が無く、空気の澄んだ辺りが真っ暗な場所でこのブルームーンとやらを観測したかったです。

 

そしたらもっとクッキリと見えると思うし、月の光を存分に浴びれるからです。

 

そうです。月光浴です。

 

日光浴とは対照的です。

 

月光浴の効果は浄化作用であり、体内の余分なモノを消し去り、成長ホルモンのセロトニンを分泌させ、アンチエイジング美肌効果があるそうです。

 

だからブルームーンの日は月光浴をして体全体に月の光を浴びて運も美容も同時に手に入れましょう。