今太っている方へ、こんなお悩み持っていませんか?

  • あれっ?何で自分って周りよりも太っているんだろう・・・
  • どうしてダイエットしても痩せないor痩せにくいのだろう・・・
  • ダイエットしようとしてもどういう訳だか長続きしない・・・
  • 両親が太っているから自分も太っているのでは?と薄々気付き始めている。
  • どういう訳かお腹だけがポッコリと出ている。
  • ダイエットを実践してもどういう訳かアゴの脂肪が取れない。
  • etc…

今太っている方にはこれらのような悩みがあると思います。

  • 周りよりも太っている事について引け目を感じてしまいますよね。
  • ダイエットが成功しないor続かないのは自分の意志が弱いからだと感じてしまいますよね。
  • 両親が太っていると自分も痩せられないような気がして半ば諦めかけてしまいますよね。
  • お腹だけ出ているアンバランスな体型を早めに改善したいですよね。
  • 身体はほぼ痩せたけどアゴ周りのお肉ってかなり厄介ですよね。
  • その気持ち良く分かります。私も以前はこのような悩みを持っていました。

でも今日でそれらのお悩みとはオサラバできます。

太っている人は太るべくして太っている。

実は太っている人・肥満体型の人の70%は無意識に脂っこいものやお菓子などの高カロリーな食べ物を食べているのです。

なぜなのか?それはFTO遺伝子の変異型を1つあるいは2つ持っているからなのです。

 

FTO遺伝子とは食欲に関する遺伝子です。変異型を持たない正常型の人は太りにくいのですが

変異型を1つでも持っていると食欲の抑制は難しくなります。

2つ持っているともうほぼ無意識に食物を摂取してしまうそうです。

良く、太っている人の親は両親もしくは片方の親も太っている場合が多くないでしょうか?

その人の子だから太る遺伝子を受け継いでいると言い換える事もできます。

ひとくちに肥満とは言っても内臓脂肪型、皮下脂肪型、痩せ型肥満などがある。

FTO遺伝子以外にも肥満との関連性の高い遺伝子は存在します。

  • 内臓脂肪体質の遺伝子
  • 皮下脂肪体質の遺伝子
  • 痩せ型肥満体質の遺伝子

これらの遺伝子の変異型を持っている人はもっていない人に比べ、1日の基礎代謝が50〜300kcal程度違ってきます。

また、タイプによって痩せる方法(効果的に痩せる方法)も異なります。

ただ闇雲にダイエットをしても痩せなかったという人にありがちなのは自分に合っていないダイエットを行なっていたからに他なりません。例えば内臓脂肪型肥満タイプの体質なのに皮下脂肪型肥満タイプの体質に合ったダイエットを行なっていたなどです。

だから、遺伝体質的にご自分がどの肥満タイプになりやすいか?をしっておく必要があるのです。

もう自分は痩せられないのか・・・?と諦めるのはまだ早い!

FTO遺伝子の変異型を持っているかどうか?

もし持っているとしたらダイエットの際に食物を無意識に口にしないように細心の注意を払わなければなりません。

これが分かるだけでもダイエットの成功率は格段にアップするでしょう。

また、自分の遺伝子がどの肥満体型になりやすいのか?その肥満体型にならない為の食事・栄養素がどれなのか?が分かったとしたら肥満になるのを防止する事も出来るし、効率の良いダイエット方法も分かります。

実はこれ今流行りの肥満遺伝子検査で知る事が可能なのです。

肥満遺伝子検査で分かる事・・・

  • 自分が周りの人よりも高カロリーの食べ物を好むタイプか否か?
  • 内臓に脂肪が溜まりやすいタイプであるか否か?
  • 皮下脂肪が溜まりやすいタイプであるか否か?
  • 痩せ型だが筋肉量が低く年齢と共に代謝が下がって痩せにくくなるタイプであるか否か?
  • タイプ別痩せるための食事方法
  • タイプ別痩せるための運動方法
  • あなた専用のダイエットプラン

などが知れます。

 

肥満遺伝子検査DNASLIM

shousai_finger_green_kakumaru

 

DNASLIMの口コミ・受けた人の感想など

食事法、運動法を変えて順調にダイエット中

5/31に注文、6/3受取。
その日のうちに爪を採取して翌日6/4午前中にポストに投函。
6/23結果が送られてきました。
1~2週間で結果が届くとありましたが、少し遅かったです。
内容は満足しています。
私は皮下脂肪につきやすいらしく、さらに脂肪がつきやすい個所も指摘してあってエクササイズの参考にしています。
食べ物のアドバイスだけでなく、適した運動や摂取したほうがよいサプリメントも記載してあります。
私は脂質の代謝が良くないようなので、今までは低炭水化物ダイエットをしていたのですが、やめて油を控えるようにしました。(調理法はもちろん、肉、魚も脂肪分の多いものは避け、食品を購入するときは栄養成分表示の脂質をチェック)
運動も今まで有酸素運動ばかりしていましたが、筋肉トレーニングがお奨めとあったのでダンベルやスクワット、腕立て、腹筋に変えました。
すると62kg(身長154cm)あった体重が1週間で60kg、2週間たった今は59kgと念願の50kg台に!
健康体重は52kg(理想体重は47kg)なので、まだまだですが、自分の体質を知る前と今では明らかに痩せ方が変わってきているので頑張る気力が違います。
片親に遺伝子変異が見られたことを母親に話したら、私も調べたいとのことなので、今度は母親に買ってあげることにしました。

結果に納得。合理的なダイエットができる。

BMI的には18.8なのでダイエットの必要はないようですが、
40歳を過ぎたあたりから以前よりも太りやすくなってきたので、
遺伝子検査をしてみました。
すると・・・、ADRB2遺伝子が変異ホモ、UCP1遺伝子がヘテロという結果に!!
要するに、脂質代謝が低い皮下脂肪型でかつ、やせ型の因子もあり。
基礎代謝が高く、筋肉がつきにくい体質でもあるということがわかりました。
ただし、筋肉が落ちてくるタイミングで太ると、痩せにくいとのこと。
そうか~、若い頃たくさん運動しても、ほとんど筋肉がつかなかったし、
大食いしても太らなかったのは、そういうことだったのか!!
そして、40過ぎて筋肉も落ちてきてるから、身体も太ってきたんだと、ミョーに納得。
さらに今の私・・・炭水化物は太ると思い込んでいて(苦笑)、
夜にご飯を少なめにし、お肉などのおかず系・・・要するに、揚げ物、炒め物中心に
食べていましたが、それは私の場合はむしろ、逆効果で、
ご飯は食べて大丈夫いうことがわかりました。
だから全然痩せなかったのね(> <;)
今回の遺伝子検査により、自分の体質を理解できましたので、
自己流ダイエットとはさようならです。
自分の体質を正しく知ることにより、無駄のない合理的なダイエットができると思います。

buy_finger_green_kakumaru