夏も終わりという所にやってきました!うな次郎!

未だにスーパーにはうなぎが並んでいますが、個人的には売れ残ってることの方が多い印象。

そんなに売れないんだから、何もそんなに用意しなくてもいいのになぁと個人的には思ったり。

そして何より売れ残る最大の理由…それはうなぎの値段!

国産だと半身でも1000円強以上。中国産で一尾1000円強。

家族みんなで食べるとなると、なかなかの出費になってしまい巷の奥様方はなかなか手が出しづらいではないでしょうか?

そこで颯爽とこの夏現れたこの新潟県に本拠を置く一正蒲鉾株式会社の大発明!

 

「うな次郎」

うな次郎 うまい? 栄養価も完コピ

うなる美味しさ!ビタミン B 1たっぷり魚のすり身で作ったうなぎの蒲焼風うな次郎

 

さあ、こいつは本当にうなぎと代わりになるのか?厳しめの目線でレビューをしていきたいと思います。

まずパッケージから、ぱっと見は確かにうなぎに見えなくもない。

何やら栄養価までうなぎに近づけたうなぎの完コピ品とのこと。

早速開けてみます。

タレがうな次郎専用蒲焼のタレ、これは炭火焼風の香りを閉じ込めた特製ダレで、レンジで温めた後にかけると炭火焼風の香りが立ち込めますとのことでした。

あと、エスアンドビーの山椒がついています。山椒はついてるのは心優しいですね。

 

うな次郎の調理方法

調理方法は電子レンジでチンするだけ。

加熱時間の目安は皿に移しラップをかけずに加熱して

  • 一枚の場合
  • 500 W で40秒
  • 600 W 30秒
  • 2枚の場合
  • 500 w 1分
  • 600 w 50秒

の加熱時間でした。

 

うな次郎はどこまでうなぎを再現できている?

では、どれほどまでにうなぎを再現できているのか見ていきたいと思います。

まず、肝心の本体表面はテリっとしていて、まさにうなぎという感じ。

 

うな次郎 表面 タレ うまい?まずい?

でも、規則正しい模様が人工物的な見た目を醸し出しています。

でも美味しそう

続いて、裏面なんですが、正直のりがついてるみたい。

うな次郎 皮どんなの?

そして、なんちゃっての皮で身と同じ材質と同じかと思わせて、実は違います。

本物の皮のようにこの黒い部分だけ弾力があり、こんなふうにお箸で切ろうとすると本物の皮みたいに上の皮だけ剥がれちゃったりします。

うな次郎 皮 質感 うまい?

 

これは期待ができそう。

断面断面見ると本当にうなぎと違い分からないなあ。

うな次郎 食感 うまい?まずい?

 

 

うな次郎の味は?うまい?まずい?

 

では早速うなぎのタレを絡めたご飯と、錦糸卵。その上にうな次郎をのせて食べてみたいと思います。

 

うな次郎 うまい?まずい?

 

この器はライオン FX でいっぱいトレードしていっぱい損をして(約三万)もらったお皿です。

このお皿とともに慰めるようにあんまり美味しくない大量のラーメンが箱に入って届きました。

さて、そんなことは置いておき早速実食に入ります。

まずは一口。

うな次郎 食レポ 評価

うん、この香り。食感は確かにうなぎに近いものはあるけど

圧倒的にコクが足りない

あのうなぎのこってりとした油感がないので、やっぱり魚のすり身かな?と感じてしまう部分があります。

でもタレのおかげか、かなりうなぎの風味が強く、かなりさっぱりとしたうなぎと考えればありな味。

そして、肝心の裏の皮の部分。

ここもちょっと弾力のある食感はありますが、それほど硬くはなくちゃんと簡単に噛み切れます。

でも、やっぱりこの皮の感触は実物には遠く及ばないかな?

そして身の方も本物と比べるとかなりホロロと溶けるような感じは似ていますが、最後に魚のすり身の風味がかすかに香っちゃいます。

でも、意識して食べないと気づかないかな?

感想としては、量的には半身ほどで値段が大体300円強。

家族3人で食べれば大体中国産うなぎ一尾よりちょっと高いぐらいかな?

 

うな次郎を食べた感想

個人的にはもうちょっとだけ安くなってくれるとありがたいかなー

微妙な差で中国産が買えるんで、本当にうなぎが食べたいと思えば、やっぱり国産と比べれば味は落ちるとしても、うな次郎よりやはり中国産のうなぎの方が美味しいのでそっちを選んじゃうかな。

 

今は長持ちパックっていうのが新発売してるみたいで、この写真にあるパックではなくもっと賞味期限が長く、更にそのまま容器のままレンジに入れてチンできる容器に変わっているみたいです。

口コミなんかでは、うなぎが嫌いな人でも食べれたなど意外なところから好評があったみたいで、確かにうなぎと比べれはクセがなく食べやすいのかな?と思うので苦手な人でも食べやすいんだろうなぁ。

あとは皮の部分をバーナーなんかで軽く炙ったりすると、さらに香ばしくなって美味しくなるんじゃないかな?

 

ちなみに7月26日はうな次郎の日みたいなので来年はみんなでうな次郎を買い占めましょう!

この記事をシェアする

関連記事はこちら