だらけグセ・サボりぐせ直し方

宿題・テスト・仕事など、やらなければいけない事のに、まだ時間があるからとついつい先延ばしにしちゃう事って多くないですか?

私はしょっちゅうです。

なぜかって?

だってやりたくないんだもん。

例えば本気出せば1日で終わる仕事なんかは

締め切りが二週間後で、それまでにまでにやらないといけないとすると、確実に締め切りの3日前ぐらいからやろうかどうか考えます。

ここ大事です。

やろうか考えるだけで、やりません。

そして、前日に必死こいて締め切に間に合わせる。

この時徹夜する事も多いのでかなりやっつけ仕事のロークオリティ。

そりゃ、そうですよね焦ってやってるからクオリティよりスピード優先で、可もなく不可もなく、次第点の出来を目指すのが目標に。

最低な目標の立て方なのは自覚してます…はい(´・ω・`)

そして、締め切りギリギリなので洗練された無駄のない計画的な作業計画を立てなくてはなりません。

そのために必要なことは重要な部分のみ確実に仕上げて、それ以外の補足や、プラスαの部分はバッサリ切り落とします。

要点だけ作り込んでおけば、いざとなれば補足は口頭でできるし、説明が足りないと指摘されれば「気づかなかった」ととぼけてかわします。

要は要点のみ作り込めば後はどうとでもなるんで、妥協に妥協を重ねて完成!

あ、全部が全部じゃないよ!80%くらいはちゃんとやってます。

じゃあ、残りの20%はなんでそんなに追い込まれないと始めないの?

それは…

モチベーションが死んでるから!

すんません、シンプルにその作業内容と対価が合わないと感じると、露骨にやる気がなくなります。

仕事だからしゃーなしでやってる部分が強いです。

でも、好きな作業内容だと、対価があってなくてもバリバリやっちゃう事もあります。

お金が発生する仕事ですらこの感じなので、学校とかの宿題、特に夏休みの宿題なんかはさらにやる気がなくなります。

本当に適当に仕上げて、空欄率5〜10%ぐらいで、残りは一応書くけど、正答率20〜30%あれば良いくらいの適当さでとりあえず終わらせて、やりましたよ感をアピール。

ここで、あんまり空欄率を上げると、やってきていない臭が、プンプンするので【取りあえず書く】ことが大切です。

って、ダラけるための方法ばかりになりましたね 汗

私自身がだらけグセがあるので、今までの経験から、どうすれば改善できるか、またはマシにすることができるかかなり悩みながら対処法をつくってみました。

ではここで、本題の「先延ばしグセ」「だらけグセ」の改善にはどうすれば良いか?

まず、なんでダラけたり、先延ばししてしまうのか?

だらけてしまう7つの原因

原因には、いくつか種類があります。

  1. 周りに誘惑が多い
  2. 嫌いなことをしようとしている
  3. タイムスケジュールの管理ができていない
  4. やらなければというプレッシャーで出来ない
  5. 優先順位のつけ方が悪い
  6. 期限が過ぎてしまってやるのが気まずい
  7. 言い訳ばかり考えている
  • 1つずつ、原因とその対処法を検討していきましょう。
  • 1.周りに誘惑が多い

  • これは受験勉強や、テスト期間中に多いのではないでしょうか?
  • ついつい、テスト勉強をしなければならないのに、唐突に部屋が散らかって集中できないからと掃除を始めたり、ちょっと休憩と言ってゲームやツイッターなどを始めて1日が終わってしまったりなど、みなさん経験ありませんか?
  • まず、唐突に掃除を始めたくなるのは自分の中で、テスト勉強と掃除、どっちが今したいか天秤にかけた結果、掃除が勝ってしまい散らかってるから集中できないから掃除をするという、テスト勉強から逃れる大義名分ができてしまうので、ついついやってしまいます。
  • 頭を使う事と、ぼーっとしながらでもできる掃除どちらがやりたいですか?
  • おそらくついつい掃除を優先しちゃう人が多いんじゃないでしょうか?
  • しかも、いつもだったら絶対にやらないくらい徹底的にやって満足感を得る。
  • はい、これ私のパターンです 汗
  • これって実は心理的にそうなるようになっているんです。
  • 休憩に違うことを始めると1日潰れてしまう。
  • 本当は一日中やるつもりは無いはずが、なぜやめれなくなるのか?
  • それにはフレア効果という心理効果が、関係しています。
  • フレア効果とは名前の通り、放射線状に広がるように小さな事がだんだん集中していきやめれなくなるほど熱中してしまう事です。
  • ただ、このフレア効果逆に使えばとても役に立ちます。
  • テスト勉強を気が乗らないまでも、始めてから時間が経つにつれて、集中しだしてゲームのことも思いつかないぐらい夢中になって、苦にならない時がないですか?
  • それがフレア効果!
  • ただ、このフレア効果は諸刃の刀なので、使いどころを間違うと非常に厄介な心理現象ですが、うまく味方につけると、心強い味方になるので、始めは気乗りしないでしょうが、取り敢えず始めるのが大切です。
  • そのためには、いきなり苦手な部分や難しい所から始めるのではなく、簡単で気軽に始められる作業から始めると、できた達成感を感じることができて、気分良く次の作業に移ることができます。
  • 1.周りに誘惑が多いの対策は?

  • 簡単な作業から始めてフレア効果を発生させてやる気を出す!
  • 2.嫌いなことをしようとしている

  • これも、始める前からモチベーションが死んでる理由第1位です。
  • というか、ほとんどの人がダラける原因がこれじゃないかと思うほど(個人の意見です)
  • まず、好きな事や、得意な事、手早く済むやりやすいことなどは比較的終わりの時間がわかりやすかったり、好きだからやってても苦にはならないですよね?
  • 苦手なことだと、余計に時間がかかってしまうので、どのくらいの時間で終わるのか逆算する事が難しかったり、そもそも考えることすら嫌な事はないですか?
  • 私は嫌いな事を無理やりすると吐き気や頭痛などに見舞われ非常に作業効率が落ちます。
  • この症状に見舞われるほど、嫌いな作業は一日3時間程度が限界なので、こればっかりは日数をかけてやるしかありません。
  • 試験勉強で、全く興味のない分野の勉強をすることになった時、このような状態になって試験に二回落ちてしまった…
  • そこから、このままではヤベェ!
  • ということで、対策を考えるも上手くいかず、結局上に書いたような結論に行き着きました。
  • ただ、これを実施するにあたって必ず、思いっきり好きな事をする日を定期的に入れています。
  • じゃないと心が死んじゃう!
  • 試験ノイローゼになっちゃうぅ!
  • と、心が叫び出すので、そんな時は思いっきりリフレッシュしましょう。
  • 頭痛と戦いながら無理やりやっても暗記モノとかまったく入ってこないので、楽しいことも織り交ぜながら進めるとうまくいきます。
  • また、私ほど拒否反応が出ない人は1.で書いた対策で対応できると思います。
  • 2.嫌いなことをしようとしているの対策は?

  • 期間を長くとって、少しずつ進める。
  • え?もっと短時間で片付ける方法を知りたい?
  • この方法だと、時間がかかってしまうので、どうしても短時間で嫌いな事を片付けたい時はまず、モチベーションが地の底まで落ちているのを引っ張り上げないといけません。
  • やる気がない時の対処法

  • その為の方法は主に3つあります。
    カフェイン剤でテンションを上げる
    友達と一緒にやる
    運動をする

1.カフ^_^ェイン剤でテンションを上げる

不健康ですが、これが一番手っ取り早い方法になります。

用意するもの

【エスタロンモカ】薬局なんかでも売ってます。

以上。

後は服用量を守って、足りなければ追加する感じにするといいと思います。

するとなんだかテンションが上がってくるので上がってるうちに片付けちゃいましょう。

栄養ドリンクなんかも大量にカフェインが入っているので、何本か飲むと同じような効果が現れます。

ただ、これは本当にどうしようもないときの最終手段みたいなもので、これを繰り返しているとカフェインに依存性ができる可能性があるので、常用する事はお勧めしません。

カフェイン依存性になると、カフェインが切れると頭痛などの症状が2〜3日ほど続き、長くても一週間ほどで治ります。

なので、常用だけには気をつけてください。

2.友達と一緒にやる

人と一緒にやることによって、他人の目があることによって緊張感が生まれ普段だとだらけてしまうような状態になっても比較的作業が進みやすくなります。

ただ、これをやるにはお互い共通の課題に対してでないと作業効率が落ちてしまいます。

なぜなら作業中に気になることがあった際に友達と気軽に情報共有することができれば、作業効率があがるからなんですが、別に別々の内容でもそこまでは作業効率は落ちないと思うのであまり気にしなくてもいいかもしれません。

ただこの場合も気をつけないといけないことがあります。

それは相手もだらけるタイプの友達だとついつい2人でサボってしまい1人でサボるとかより悲惨な状態になってしまいます。

2人いるから無駄話に花が咲いてしまい勉強に手がつかなくなる。

ついゲームを始めてしまい白熱してしまい作業がおろそかになるなどなどの障害が出てしまうので注意が必要です!(実体験済み)

上記のリスクを減らす方法が1つだけあります。

それは図書館を利用することです、図書館を使用すれば無駄話しようにも大きな声は出せないので盛り上がる事はなくなり息抜きにゲームをしようとしてもゲームはないのでできないそして周りには参考となる本がたくさんあるので行き詰まった場合など参考資料にすることができるので、いいことずくめです。

エアコンなんかもタダだしね部屋だとなんだかんだでお金かかっちゃって何気に家計にダメージを与えるので。

3.運動をする

は?何言ってんの?勉強の話じゃんって思いますよね?

実は運動と勉強には深いつながりがあるんです。

なんだかお風呂で考え事をしている時いつもより思い出しやすかったり、気分よく考えことができることが多くないですか?

それは脳の血流が良くなっているからなんです。

そして勉強や作業などをしているときは大体は座りっぱなしなどで血流の流れが悪くなり脳の機能がフルパワーを発揮できない状態になっています。

それってすごくもったいなくないですか?

本当だと100%近い性能が出せるのに50%などの中途半端な性能で頭を悩ましてなかなか覚えれなかったり、いいアイデアが浮かばなかったりなどスランプに陥ってしまうこともあります。

調子が良い時って何事もすらすらできることが多くないですか?

それってやっぱり自分の脳が本領発揮してる時なんだと思います。

なので出来る限り脳のポテンシャルを最大限まで生き出せるよう気を遣ってあげることで良い結果を生むことができます。

そして体動かすことによって血流改善だけではなくストレス解消にもなるので、勉強や作業などによって溜まったストレスを発散しながらさらに血流を良くすることで脳のパワーもアップすることができるので非常に合理的な対策になると思います。

私なんか特にストレスが溜まると無性に体を動かしたくなってしまうたちなので1、2キロ走るのですが、大体1キロ5分くらいのペースで全力疾走して限界になると歩いて心拍数を落ち着けてまた全力疾走を10分ほど繰り返しますこれだけでかなりすっきりします。

そして心肺機能を上げることによって疲れにくい体にもなるのでまさに一石二鳥です。

3.タイムスケジュールの管理ができていない

これも意外とだらけてしまう原因のトップ3位には入ってしまうんではないでしょうか?

間に合うと思ってついついだらけてしい、そして間に合わなくなってしまうこれは単純にスケジュール管理能力が足りないから起こることです。

本来なら作業内容から作業時間を逆算してどのくらい時間がかかるか、そしてトラブルがあった際などにマージンをとって余裕のあるスケジュールを立てるのが理想ではありますが、実際そこまで先のことを考えて行動してる人は少ないのではないでしょうか?

偉そうなことを言っていますが、私もそのうちの1人です 汗

だって、すべての作業にわざわざタイムスケジュールを作りますか?作らないですよね?

そんなの作ってたらタスクが増えた際に余計な仕事が増えてしまうことになるのでめったなことがない限りタイムスケジュールを組んでまでは行動管理しません。

でもそこまで精巧にタイムスケジュールのことを考えなくても大体経験があればおおまかな予想はできます、なので『大体』の作業日数はわかりますこの『大体』というのがなかなかの曲者で作業やる本気度によってかなり差のでる数値で、例えば本気でやれば1日で終わる、普通の余裕を持ったペースですれば3日かかるなど大体と言うのはかなりのマージンを含んでいることになります。

これがあることによって本気出せば1日で終わるからと言う心理が発生してしまい、まだいけるまだいけると調子に乗っていると締め切りの前日になってしまいます。

はい、この時点でタイムスケジュールの管理が全くできていませんよね…

タイムスケジュールの管理と言うのは本気出せば、ではなく普通にあってどのくらいに終わるか、トラブルが多少あっても間に合う時間で仕上げるようにするのがタイムスケジュールの管理です。

だからさっきの例で例えるとタイムスケジュールの管理をしていれば普通にやって三日間かかるのが正しい作業時間の内約になります。

でも、実際になるとやっぱりサボれるものなら直前までサボってしまいたくなるのが人間の性です。

そこで、どうすればこのギリギリまで追い込まれないとやらない症候群を克服できるのか?

それはこの作業を終わらせた先のことを考えることですこれを終わらせればおいしいご飯を食べに行くこれを終わらせれば遊びに行くなど簡単なご褒美というか、目標をセットしますそうすると勝手にそれに間に合わすように自然と行動してしまうので間に合うことが多くなります。

例えば、仕事や部活などでこの後打ち上げがあると言う時は自然と皆効率的な動きをしていませんか?

そうです、自然に時間に間に合うように無意識で行動してしまうのです。

これってすごいことですよね!

特に努力することもなく、目の前に楽しみがあるだけで早く終わらせようと言う気持ちになり、自然と時計を気にしながらこの時間までにこれを終わらせてなど自然とタイムスケジュールを組むことができます。

そうなんです人間て楽しいことや目標があると自然と頭がギュンギュン回るものなんです。

それに楽しいことを考えている方が気分がずっと楽ですね。

3.タイムスケジュールの管理ができていないの対策は、終わった後の楽しみを作り、それに向けて間に合うように動く事。

4.やらなければというプレッシャーで出来ない

これは責任感の強い真面目な人など落ちてしまうことがあるのではないでしょうか?

やはり慣れないことや、みんなの期待を背負っていることなど、どうすればいいのか。

完璧を求めすぎたりしてなかなか期限まで終わらないことなどがあります。

そして完成しなければ出せないプレッシャーでどこまでやれば完成なのか判断できず間に合わなかったり不安で提出できなかったりすることがありませんか?

こういうのはクリエイティブな業界の方につきまとう問題だと思います。

例えば絵なんか、どこまで書き込めば完成かなんて誰にも判断できません書き込もうと思えば無限に書き込みができるからです。

そして、そんな中やらなければと言う脅迫概念で、やろうと思ってもプレッシャーで、全く作業が進まないことがあります。

例えば一時期話題になったオリンピックのロゴをあなたが作ってくださいと言われたとき、どう思いますか?

光栄な事だと思うと同時に、日本のイメージがかかっている、ひいては日本全国民の期待を背負うことになるので気軽には書けませんよね?

そしてロゴと言う答えのない抽象的な作業内容。

何をどうしたらいいのかわからなくなってしまいませんか?

こんな風にプレッシャーに押しつぶされそうな時はまず心を軽くする必要があります。

まずは完璧を目指さないこと、正直90%までは簡単で100%を目指した途端途方もない作業が発生します。

だって100%と言う事は欠点がないということをこれ以上改善のしようがない究極の形と言うことになります。

そんなもの目指すんだったら徹底的に究極を求める研究者か、芸術家になることをお勧めします。

その高みを求める研究者や芸術家でさえ100%を追い求め日々たゆまぬ努力を続けていますそんな人たちでさえ100%と言うものは手の届くことのない高値の花なのです。

だって100%を達成してしまえばやることがなくなってしまうんですから。

だからあまり根をつめず自分は納得いかなくても、相手に評価されるような内容かどうか、きっちりと重要な部分ができているかなど相手の目線で考えてみるといいかもしれません。

4.やらなければというプレッシャーで出来ないの対策は完璧を目指さず、取り敢えず完成させることを目標にする。

5.優先順位のつけ方が悪い

これは私もよくやってしまいます。

ついつい人間つて何かをやるとき気軽に始めれるものから手をつけてしまいますよね?

本当に重要な事はやはり手間がかかったり非常に労力のいる作業だったりします。

そんな時どうですか?

簡単な30分ほどでできる作業と、5時間ほどかかる作業どちらから手をつけようと思いますか?

特に締め切りなどなければ当然簡単30分の方から始めませんか?

これが5時間の方が締め切りが近い場合も同じ心理が働いてしまいます。

先に簡単な方から終わらせたい、大変な作業するには気が重くなかなか気が進みません。

だって簡単な仕事をする方が楽で、気軽にやったと言う達成感を感じることができるから。

でも締め切りがあるときはそれじゃダメなんです。

小さい仕事を始めちゃうと上にも書いたフレア効果と言うものが発生するので、どんどんと関係のない仕事を終わらせていってしまったりメールチェックや普段やらないことをやってしまったりしちゃいます。

やりたくない仕事から現実逃避しちゃうんですよね。

これは一番最初に書いた『周りに誘惑が多い』にも通ずる所ですね。

でも、時間があれば簡単な作業から始める方が上にも書いたフレア効果で、連鎖的に時間のかかる作業にも取り掛かりやすくなるのですが、今回のケースは締め切りに追われている状況なので、ここでフレア効果話出すためには作業の下書きや、概要をはっきりとイメージします。

こうすることで、大体の作業時間がわかりやすくなるので、漠然と何から手をつけようと、混乱する時間が少なくなります。

頭で考えるのが難しいなら紙なんかにどんな風に進めるかまとめながら書いていくと、無駄のない効率的な動きを計画することができるので、おすすめです!

意外と書き出したりすると「あれ?大したことないじゃん」ってなることもあるので、行動を主観から紙や頭で俯瞰的に捉えることで、全体の作業量、各工程の作業時間など分析することができるので、タイムスケジュールを組みやすくなります。

5.優先順位のつけ方が悪いの対処法は、紙や頭で今の作業を整理することで、タイムスケジュールを作りやすくする。

6.期限が過ぎてしまってやるのが気まずい

はい、これ学生の頃にしょっちゅうやってました。

もう締め切り過ぎたんだからいつやっても一緒じゃん。

という謎理論で平気で放置してました。そして、あわよくば忘れてんじゃないか?と、淡い期待を膨らませていましたが、そんなことありません。

普通に注意されるか、何も言われなくてもがっつり評価下げられたりと何一ついいことはありません。

そして忘れた頃ぐらいに提出を迫られ、もう内容も忘れたような課題を提出しなければならない事に何度もあいました。

無論、内容は詳しいことは覚えてないので、当たり障りのないような内容を書いていたと思います。

そして、これが社会人になってから発動し、本社や他の社員たちを巻き込み大変なことになることをこの頃の私は知る由もなかったのでした。

もし、ドクと出会えてデロリアンで学生時代にバックトゥザ・フューチャー出来れば延々と『明日やろうは馬鹿野郎だ!』と、こんこんと説教してやってる所だよ。

この場合は、とにかくやる!一週間の遅れと一ヶ月の遅れ、これが一緒だと思いますか?

なら、1日でも早く仕上げるんだ!

そして、遅くなったことをさっさと謝って気を楽にするんだ!

絶対に相手に指摘されるまで放置するな!

指摘される時は最終警告だから、その時点でかなりやばい状況にいるってことを覚えておくんだ!

と、過去の自分に向けて叫んでしまいましたが、本当にこの通りだと思います。

今は部下を持ち上の立場がわかってるから、こういう責任の重さもわかるようになってきて、組織っていうのは色々な規範で拘束してるけど、それは全体の統制を取るためにやっていることで、皆んながおんなじ動きをできるように整えられてるから、誰かがルールを破ると規範の意味がなくなってしまって、組織ではなく、個人で行動するようになってしまい、組織として機能しなくなるのです。

と、話が逸れてしまいましたが、とにかく、締め切りが過ぎてしまっているなら、上に書いた1〜5の対処法を駆使して1日でも早く仕上げることが大事です。

わたしみたいに社会人になって会社にダメージを与えてからでは遅いので、学生のうちからこの癖はなくす方がいいです。

馬鹿な先人からのアドバイスです。

6.期限が過ぎてしまってやるのが気まずいの対処法は?

とにかく一日も早く出す!それだけ!

7.言い訳ばかり考えている

これも私がまだまだ視界が狭く、周りを深く見れなかった頃に、いつも人のせいにしてました。

これができなかったのはアイツが違う仕事を押し付けたせいだ。

連絡が遅かったから間に合わなかった。

周りがフォローしなかったからできなかった。

どうしたらできたか?ではなく、いつも○○のせいで出来なかった。

という、マイナスのイメージばかり考えて、全てを周りの環境のせいにして、自分は変わらずひたすら文句ばっかりを考えているダメ人間でした。

今だからわかるんですけど、これってスッゲーワガママなんですよね。

だって自分が変わる気がないのに、周りが変われよって平気で言っちゃってるの。

しかも、悪いのは自分じゃなくて、全て周りのせい。

まるでジャイアン。

しかも表に出さないから周りから分からない隠れジャイアン笑

そんなジャイアニズムを心に抱き、働き続けてたけど、部下が出来ると考えが360度…じゃなくて、180度変わったんです。

部下に対して、何で出来ないんだ?という考えから、どうやったらできるようになる?と、考え方を変えると、すごく心が軽くなってイライラすることがなくなって、さらに部下は自分から自発的に動くようになって、結果として自分を楽にすることに繋がりました。

ここで、出来ない理由を他人のせいにするのはやめて、どうやったらできるようになるか?を、考えるようになり、私の中のジャイアニズムは消滅しました。

出来ない理由なら無限にでてきますが、どうやったら出来るかってそんなに沢山出てこないんじゃないですかね?

だから、周りのせいにするんじゃなく、ほんの少しでいいので、自分はどうしたら間に合ったかというのを考えて貰えると、次にも繋がるし、ストレスも減るのではないでしょうか?

言い訳ばかり考えているの対処法は?

言い訳を探すんじゃなくて、どうやったら出来たかを考える。

まとめ

いかがでしたでしょうか?全て私の実体験をもとに、私なりの対策を書いてみました。

共感できる所できない所あるとは思いますが、私自身が学生の頃からダラけるエキスパートの素質を光らせていたので、未だに気をぬくとダラけてしまいます。

そんな時自分で書いたこの記事を改めて見返す事で、過去の自分に戻らないようにの意味も込めてこれを書きました。

この記事が皆さんの力になれば嬉しいです(`・ω・´)

この記事をシェアする

関連記事はこちら