さて、もう平成最後の年が終わろうとしていますが、こんな寒い日にはあったかいものが食べたくなりますよね?

あったかいものと言えば、日本人なんでやはり1番最初に、鍋が出てくるのではないでしょうか?

かく言う私も、学生時代は男たちで集まってむさ苦しく鍋をつついていました。

しかもこれ年末だけじゃなくてクリスマスもだからね?

鍋以外冬の料理しらねーのかよって感じ…

だって鍋楽だもん(´・ω・`)

そんな感じで日々を過ごしていた私ですが、大人になって新聞の広告欄で冬はアヒージョでしょ!

と言うでかでかと書かれた広告を目にしたのがアヒージョとの出会い。

アヒージョとは?

まずはそもそもアヒージョって何?って所から私は始まりました。

だってそんなオシャンティーな料理しらねぇもん。

とりあえずざっくり言っちゃえばオリーブオイル煮

この事を知った私の感想は意味がわからない。

オイルで煮物それって揚げ物って言うんじゃねーの!?

大混乱の中とりあえず作ってみようと言う好奇心が勝り、とりあえず作ってみることにしました。

アヒージョの作り方

アヒージョの作り方はオシャンティーな名前から想像もつかないほど楽です。

  1. オリーブオイルを鍋に入れる
  2. ニンニクを入れる
  3. 塩を入れて味を整える
  1. 具材を入れる
  2. お好みに合わせて鷹の爪何か入れるとうまい

ざっくりとですがこんな感じの作り方。

分量なんかはその人の好みでガンガンに変えていちゃっていいと思います。

レシピに王道なんていらない!

では早速作って行ってみましょう!

早速スキレットにオリーブオイルをひたひたになる位まで入れて…50ccくらい?

具材が浸かるくらいの量にする。

チューブニンニクをだいたい大さじ半分位。

今回はエビとキャベツとブロッコリーでアヒージョを作ろうと思うので、先に水っぽいエビを入れて水分を飛ばしておきます。

まあ、ニンニクで臭みを取るっていうのもあるんだけどね。

水分飛ばしておくと、濃厚でプリプリの味になります。

こんな感じ。

テレビの周りの白っぽいのはチューブにんにく。

ある程度火が通ったら次に野菜を入れていきます。

あ、ついでに唐辛子の輪切りも入れときます!

しばらく煮込むと…

こんな感じにしなしなになったらもうすぐ出来上がり!

味を調えるため追いニンニク!

ちなみに上に書いた作り方で、塩を入れるって書いたけどあれは嘘だ。

まぁ、嘘ではないんだけど、大体チューブにんにくには食塩入ってるんで、いらないっぽい。

普通の生にんにくとか潰して入れるなちょっと塩入れてもいいかなって感じです。

できたーー!!

アヒージョはうまい?まずい?

さてではでは実食に移りたいと思います。

まず匂いは完璧にペペロンチーノのアレです。

ニンニクの香ばしい香りが食欲をガンガン誘ってきます!

ただアヒージョを初めて食べる人にとってはこのオリーブオイルまみれの食材。

とんでもない位胃もたれするんじゃないかと思うのではないでしょうか?

分りますよくネットでネタにされてるもこみちのさらに上を行くギトギトのオリーブオイル…

かなり消化器に自信を持っている強者でないと食べれないなんて思ってしまいそうですがそんなことありません!

皆さん食べたことがあるであろうペペロンチーノあれも主成分は、ほぼほぼオリーブオイルのみですというかアヒージョと同じです。

なのでペペロンチーノが食べれる人は基本的にアヒージョも食べれます。

ではエビの方から。

うん、プリプリで歯ごたえがあってうまい!

味は凝縮とまでは行かないまでも、今回使用したのはスーパーとかで、くそ安く売られている冷凍エビなので、これだけうまければ全然ありだと思います。

臭みも全くないしね!

次にキャベツ。

こちらもガーリックオリーブオイルが染み込んでてニンニクの香ばしい香りで野菜臭さがほとんどないです。

しかも火を通すことで、キャベツ独特の甘みが出てきてそれが唐辛子を入れたピリ辛のガーリックオリーブオイルと絶妙なコラボしています!

よくいう甘辛ってやつですね!違う?

次にブロッコリーこれもさっきのキャベツと同じで全体にガーリックオリーブオイル絡んでしかも房の所に良くオリーブオイルが絡むので、濃厚な味!

もう、まずい要素が見当たらない…

これは完全にビールとかと一緒に食べると止まらなくなること間違いない!

ちなみにアヒージョは鍋のように自分の好きな具材をどんどん突っ込んだらいいと思います。

これじゃないとアヒージョじゃないなんて具材はないと思うので、自分好みのアヒージョを作っちゃおう!

ネットのどかでは蝉のアヒージョなんてものも作ってる人が居るとか…

アヒージョを食べる時はね、誰にも邪魔されず 自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで・・・」 

と、某グルメマンガでも言われるくらいアヒージョって言うのは自由なんだ!

ところで、アヒージョってオリーブオイル煮なの?揚げなの?

ちなみに冒頭で書いたオリーブオイル煮込みと揚げ物。

何が違うのかについてですが何も調べずに言ってるんで、正しいかどうかわからないですけど、おそらく温度の問題ではないでしょうか?

100度未満でくつくつやるのがこのアヒージョの煮るって事で、がっつり180度あたりでジュワッと揚げるのが揚げ物ってことになるんじないかな?

ごちそうさまでした!

食べた後のアレンジレシピ

さっき書いたようにペペロンチーノとアヒージョ。

ほぼほぼ材料は一緒です。

なので食べた後、隣でパスタを茹でればあっという間にペペロンチーノができちゃいます。

アヒージョの残り汁にキャベツとかベーコン好きな具材を適当に突っ込んで第二のアヒージョを作ります。

そこにパスタを入れれば完成なんですが、ペペロンチーノの作り方は簡単なんですけど少しコツが要ります。

まずアヒージョの残り汁にパスタのゆで汁と少しのパスタを入れてお箸か何かでひたすら混ぜます!

ここで白っぽくなれば成功です。

水と油が乳化して、まろやかな味になります。マヨネーズとかとおんなじ原理。

後は塩とか入れて味の調整をすればあっという間にペペロンチーノの完成!

最初になぜ鍋の話題を出し買ったかと言うと鍋のようにアヒージョも締めができると言う共通点があったので、何となく話題をぶっこんでました 笑

是非是非、冬には鍋だけじゃなくペペロンチーノで締めができるアヒージョも候補に入れてあげてやってください!