無印良品 すっぱいねり梅

どうも皆さんこんにちはminです。

個人的なことなんですが数日前、に胃腸炎になってしまい全く食レポのできない状態となっていました。

そして何より食べるのが大好きな私にとってかなり苦痛な時間でした…

そして、少し体調の良くなってきた頃ずっと家に閉じこもって療養していたので、気分転換がてらショッピングモールまで行ってみました。

 

そこでふらっと立ち寄った無印良品にあったこの、『すっぱいねりうめ』胃腸炎に食欲をなくし胃腸にいまだ癒えぬの傷を負っている私としては、梅干の食欲増進効果を期待して買ってみました。

正直この時かなり酸っぱいものを食べたい気分だったので、このすっぱいねり梅と言うネーミングが購入動機です。

さて、どのくらい酸っぱいのでしょうか?ワクワクしながら封を開けてみます。

原材料などは、ほぼ梅。

いや、正確にはいろいろはいってるんですがほかは添加物的な感じ。

 

さて、早速いただいてみます。

無印良品 すっぱいねり梅

食感はかなり柔らかく、指で強く握るとふにっと形が変わるような硬さです。

そして、歯切れも良く適度な柔らかさなんですが、とりあえずひたすら歯にくっつく。

これだけがちょっといただけないかなぁ

 

この食感にどこかで似たようなもを食べた記憶が…あ!駄菓子屋のさくらんぼ餅と似たような食感だ!。

さて肝心の味ですか思ったよりは酸っぱくないと言うのが正直なところです。

このすっぱいねり梅と言うネーミングに惹かれて買った私たちしては、ちょっと的外れ的な味でした。

 

無印良品なので、多くの人に美味しく食べてもらえるような事を追求してると思うので、この味は妥当な味なのかなぁ?

 

ただ酸っぱさを求めるジャンキーな私にとっては、そっち方面では正直期待はずれでした。

 

なんというか常識のあるあとに響かない駄菓子的なおいしさもある練り梅。

というのが味の感想です。

なので、かなり酸っぱいものを求める人にとっては、正直また足りない味に感じるかもしれません。

ただ手軽に駄菓子感のある梅干を買いたいと言う人には、ちょうどいい味なのではないでしょうか?

ただこの歯にひたすらひっつくくのだけどうにかならないかなぁ…

この記事をシェアする

関連記事はこちら