皆さんは行列を見かけたとき次に並びたくなりますか?

私は最近一度だけ一時間半ぐらい並びました。

普段はめったにならないんですがその時は友達との予定があったんで行列に並ぶことにしたんですが、他に並んでる人はみんな外国人で、私たちも入店した時外国人だと思われたようで、店長らしき人に外国語で話しかけられた時、大丈夫です日本人ですと言うと、日本人でなかなかこんな並んでくれる人はいなかったんで嬉しいという言葉をいただきました。

行列なぜ並ぶ? お金持ちは並ばない?さて、ここで行列並ぶ人と並ばない人の違いってわかりますか?

さっき書いたように、観光客の人はここでしか食べれないものを食べるために1時間という時間を消費してまで並んでまで並ぶ価値があるということです。

ただ日本人にとってはそこまでの価値がないということであまり並んでない、つまり観光客の方は思い出と引き換えに時間を消費したということです。

なぜ人は行列に並ぶの?

皆さんは並んでる時に損得勘定することはありますか?このためになら何時間並んでも構わない。

いやこんなことのために並ぶなんてもったいない。

人それぞれ様々な価値観があるので並ぶ人、並ばない人がいると思います。

だいぶ前になりますがイオンで大規模な抽選会があった時がありましたその時はとてもすごい人で23時間いやそれ以上かもしれませんが、とんでもないほどの行列と待ち時間になっていたことがありました。

もらえる商品としては1万円届かないほどの商品券などの正直並ぶ時間と同じほどの対価があるような景品だとは思いませんでしたので私は並びませんでした。

まず、当たるかどうかわからないものにそんなに時間かけれないし、もし当たったとしてもやはり並ぶ時間に対してあまりにも損が大きく、低すぎる報酬という判断基準を持って私は並ばないことにしましたが、なぜそれにもかかわらずイオンモールの抽選会は多くの人を惹きつけたのでしょうか?

行列に並ぶ価値

私が思うには並んでいる方々は時間の大切さをあまり重要視してないのではないかと思います。

時間というのはどんなにお金持ちだろうと、どんなに貧乏だろうと命と同じ、すべての人々に平等に与えられるものです。

誰でも124時間、分に換算すると1440分。

分に換算してみると意外と短いと感じられた方もいるのではないでしょうか?

そうです当たり前のことですが、時間は有限です。

その有限の時間を使っていかに何ができるか?1分も無駄にせず毎日を楽しめるか、もしくは仕事ができるか?

富裕層のお金持ちの方々はやはり時間にとても厳しい方が多いように思います。

富裕層の方々は1時間あればどれだけ稼げるか、何ができるか、それを総合的に判断して行列に並ぶべきではないと判断すると思います。

もっと、乱暴な言い方をすれば損をするとかそんなレベルではなく、寿命を削って行列に並んでいるということになります。

貴重な一生の数時間だけかもしれませんが、富裕層の方々にとっては自分の寿命を差し出しているように感じる方もいるのではないでしょうか?

お金持ちは行列に並ばない?

しかし富裕層の方々だったら全てお金で物事を解決すると皆さん思っていませんか?なんでも物事をお金で解決しているのは、本当の富裕層の方々ではないと思います。

本当のお金の価値、時間の価値、そういうものを正しく理解していない成金の方が目立ってしまうせいで、本当の富裕層の方もそういうイメージに捉えられているのではないかと思います。

私の知っている富裕層の方々は総じて質素な生活をされています。

お金を持っていると周りに知られてしまうと、よくない人まで寄ってきてしまうためです。

それに本当に満たされてる人は物欲に走らず家族たちへの愛にいに全力を注ぎます。なぜなら家族や、愛はお金で買えないからです。

それと、正しい価値観があるので無駄な浪費をしません。

何を買うにも絶対になぜこの価格でなぜ今これを買うのか常に自問自答します。そうすることで衝動的な無駄な買い物を減らすことができます。

そして物事の正しい価値を知っているので詐欺などうまい話も警戒をします絶対に迂闊には手を出しません。そんな簡単にお金は稼げないことを知っているからです。

海外の富裕層の話でも、外出先で喉が乾いてしまうと飲み物を買うとお金がかかるので、わざわざ飲み物を家に取りに帰ってしまう方までいます。

このようにお金持ちの方々は徹底的に合理的で、無駄な浪費というものを本当に嫌います。

なぜ富裕層は行列に並ばないのか

さてここで行列の話題に戻ります。ここまで読んでくださった方ならなぜお金持ちの方、つまり富裕層の方々が行列に並ばないか理由が分かったと思います。

損をするという事に誰よりも敏感で一番嫌うため、お金持ちの人は行列に並ばないのだと思います。

私が思うには富裕層の方々はなるべくしてなったと思います。徹底的な倹約の末お金の使い方、そして運用。

1秒も無駄にせずコツコツと努力を続ければ今の日本だと誰でもプチ富裕層くらいにはなれる可能性を秘めていると思います。

昔のように証券会社まで行かないと株が買えない時代は終わり、ネットでワンクリックで買える時代です。

そしてニュースもリアルタイムで次々に入っていきます。

今の時代こそ誰でも簡単に稼げる時代だと思います。その中でやはり日々の時間を無駄にしている方々が多いように感じています。私自身もこのブログもそうですが、ネットショップ、 FX株などなどネットビジネスを中心に運用や仕事をしています。

そして幸いなことに周りにはお金の本当の価値や時間の価値をしている方々がいるおかげで、私自身も正しい価値観というものを知ることができました。

是非皆さんも日々の時間の使い方を考えていただければもっと1日を充実した一日にすることができると思います。

本当に、たった1時間なのか 1時間もなのか、時間の価値に対して正しい判断ができるようになると、本当にするべきことの優先順位が自ずと見えてきます。

最後にひとつだけ、家族や、大切な人に使う時間だけは損得をつけてはいけないと思います。一番初めの私の友人のために並んだ行列。

これは時間を犠牲にしてでも並んでもいいと思い並びました。そこには金銭で表せれない大切なものがあるからです。

そこまで合理的になってしまうと、お金では買えない大切なものを失うことになるので、大切な人と一緒に過ごす時間だけは一番大事にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事をシェアする

関連記事はこちら