世の中には頭のいい人とわるい人が居ます。

両者の違いはどのようなところに表れるのでしょうか?

比較してみましょう。

頭の良い人

  • 知能指数が高い
  • 頭の回転が早い
  • 人を褒めるのがうまい
  • 空気が読める
  • 的確な意見を言う
  • 仕事ができる
  • 核心を突く
  • 発想力がありアイデアが豊富
  • 謙虚ではあるが謙遜しすぎない
  • たとえ話がうまい
  • 段取りが良い
  • 物事を多面的に捉えることができる
  • 論理的
  • 文才や文章力がある
  • 芸術的センスがある
  • 身体の使い方がうまい
  • ユーモアがある
  • 学歴が高いことを鼻にかけず、常に研鑽を怠らない
  • 反論するときは「確かに。でも〜」と、一度相手の意見を認めたうえで反論する
  • 無知の知
  • 感情よりも理性が優先
  • 相手のレベルに合わせて会話ができる
  • 意思決定と結果のブレが少なく、判断力が高い
  • 自分を有能だと思っている場合、実力が伴っている

頭の悪い人

  • 知能指数が低い
  • 空気が読めない
  • 不意に人を傷つける
  • 的外れな意見を言う
  • 自己顕示欲だけで行動する
  • 仕事ができない
  • 面白みが無い
  • 非論理的
  • 傲慢
  • 勉強できることだけが頭が良いことだと思っている
  • 人の事をバカにするのは自分がバカだからだということに気付いていない
  • 負け犬根性が強い
  • 言葉にトゲがあり、ギスギスしている
  • 段取りが悪い
  • 芸術的センスの欠如
  • 視野が狭く、決めつける
  • でも、だから、だって(3D)が言葉の最初に来る
  • 「そうじゃなくて」、「いや」などと発言が否定から入る
  • 狭い受け取り方しかしないため、すぐに感情的になる
  • 身体の使い方が下手
  • 自慢話が多い
  • 感情に任せて先走る
  • 放つギャグがつまらない
  • 無駄で不毛な時間を費やす
  • 学歴に固執する
  • 学歴が高いことを鼻に掛ける
  • 簡単なことを難しく説明する
  • 物事を決定する際に自信が持てず判断力が低い
  • 自分を有能だと思っているが実力が伴っていない

頭が良い人と悪い人の違いまとめ

頭の良さは勉強ができるとか知能が高いとか頭の機能の問題だけではありません。

人を不快にさせないとかしっかりマナーを守れるとかも頭の良さのうちに入ります。

なぜなら脳がしっかりと働いていればそれに伴って判断力も備わるからです。

それらも考慮に入れた上で作りました。

 

きっと誰もがここに挙げた項目のいくつかに当てはまると思います。

あなたは頭が良い人、悪い人のどちらに多く該当しましたか?

完璧な人間なんていません。

頭の悪い人に多く該当したからといって悲観しないことです。

また、頭の良い人に多く該当したからといって調子に乗らないことです。

もっとも、本当に頭の良い人は過度に自信を持つことは少なく、真の意味で謙虚でしょうから調子に乗って傲慢になることなんて無いのかもしれませんね。

 

この記事をシェアする

関連記事はこちら